川崎裕一 マネタイズおじさん

広告をはじめとするマネタイズをやっています。スマートニュース株式会社。はてな副社長→kamado社長→ミクシィ取締役(買収に伴い)→スマートニュース執行役員。

タイド・クリーナーズで洗濯サービスに参入するP&G

タイド・クリーナーズ(Tide Cleaners)。利用客は事前にアプリを通じて洗濯料金を支払い、洗濯物をロッカーのなかに収納、もしくは箱をマンション、オフィス、店舗などに提出する。洗濯完了の通知を受け取れば清潔ない服をピックアップする、という流れになっている。

消費者にダイレクトにリーチするこのモデルを通じて、タイドはふたつの利点を得ている。顧客の好み、洗濯の頻度、特別な要求があるかどうか、と

もっとみる
スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
14

自動収集不動産情報で月1250円を集めたローカルメディア

スウェーデンのミットメディアは、自動生成コンテンツでデジタル有料購読者1000人を獲得した。

その手法は、不動産情報であった。

2017年末に同社がローンチした「ホームオーナーズボット(Homeowners Bot)」は、地元市場で売りに出されているすべての家に短文テキストをつけ、注目ポイント(たとえば、その年販売されたなかでもっとも高価であるなど)を紹介し、Googleストリートビューの写真

もっとみる
スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
11

Shopifyは2.1兆円企業へ

店舗からの配送サービスをローンチさせたブランドのサポートや、オンラインで購入し、店舗でピックアップするサービスが、このビジネスに含まれる。彼らはまた、iPadベースでApple Payも扱えるPOS(Point of sale)サポートのハードウェアとソフトウェアを自社で開発した。

Shopifyは、DTCブランド革命の駆動となる190億ドル(約2.1兆円)の企業を築き上げた。彼らの「オンライン

もっとみる
スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
6

ファングッズを即日企画販売するファナティックスの凄さ

ファナティクスの最大の強みは、同社が提唱するファングッズの企画、製造、販売までを垂直統合的に行う「V-commerce」というビジネスモデルだ。

例えば有名選手の移籍、新加入選手の初得点、優勝チームが決まる決勝戦の直後など、同社が“ホットマーケット”と呼ぶ「ファンが最も熱狂するメモリアルな瞬間」にファングッズを瞬時に販売することができる。

確かに優勝した瞬間にしかわからないデータやスコアなどを

もっとみる

電子マネー、地方はWAON

地方はWAONが33.0%、nanacoが30.8%、Suicaが23.3%に対して、首都圏は24.9%、27.6%、31.2%となっている。

スーパーやショッピングモールではWAONのような流通系電子マネーが優勢となり、地方での利用が進んでいる。

首都圏にいるとわからない感覚。面白い。

スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
6