見出し画像

Instagramテーブルフォトにおける「花びら散らす」以外の選択肢を伝えたい

みなさんはInstagramで見たことありませんか?普通のお料理写真になぜか花びらが散っているような写真を。肉じゃがにバラの花びらが散ってるみたいな写真を。

”肉じゃがにバラ”はさすがに誇張しすぎだけど、普段の手料理に謎の花びら散っている写真。やっぱりちょっと変なのでは、、、?

アートならいいけど、自然な写真には自然な小道具を

私もアートっぽいスタイリングのためのスタイリングみたいな写真を撮ることあります。違うものの組み合わせであえて面白みを出したりすることもある。ただ、自然な1シーンのように見えるのに、謎に花びらが散らばっていたりするとやっぱりギョッとしちゃうかも。

お花自体に罪はないのです。実際私も食べ物と花の組み合わせはよく撮ります。いいんです。お花がささやかに飾られているのが見えるのは自然なことなんです。でも「肉じゃが食べるときにそんなに花びら散らかすかな〜?」というような料理と花の組み合わせがテイストとしてマッチしていないときや、あまりにアンナチュラルな感じが出ているときは「ほかにもいい感じの小道具あるのに!」と思ってしまうんです。

「肉じゃが×花」になっちゃう理由

私なりに肉じゃがに花びら現象が起きる理由を考えてみました。

①彩りが足りないので何か足したい
②空間が「すか〜」っと空いてしまい寂しいので何かで埋めたい
③花以外に何を置いたらいいかわからない

謎シチュエーションで花が散っている理由はこのあたりでしょうか。

せっかくなら「うんうん、自然ですてきだね」という写真にしたい(少なくとも私は)。というわけで今日は、私菅野有希子が考える「花に代わる小道具」をご紹介します!

この続きをみるには

この続き:2,089文字/画像5枚

Instagramテーブルフォトにおける「花びら散らす」以外の選択肢を伝えたい

菅野有希子

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!いただいたサポートで新しい食器を買って、みなさんが「読んでよかった」と思ってもらえるようなnote書きたいです🌿

私もスキです♪
142

菅野有希子

〔テーブルコーディネーター/プロップスタイリスト〕雑誌や書籍WEBで、食や住といったライフスタイル提案のスタイリングを手がけています。商品撮影のスタイリング、撮影、VMD、コラム執筆、レッスン講師など。 東京在住、夫と2人暮らし。

スタイリングについて

雑誌書籍WEBでテーブルフォトのスタイリングを手がける菅野有希子がお伝えするスタイリングのコツや、スタイリストの裏側、スタイリングとはなんぞや?について考えを深めるマガジン
6つ のマガジンに含まれています

コメント3件

Twitter、Instagramと有希子さんのファンです!この肉じゃが×花びら現象の心理は私もよく陥ってて、特に空間を埋める為に無理矢理に小道具を入れてしまった事もあるなぁと反省しました。。。
中山美奈さん
コメントありがとうございます!しかもインスタもツイッターもご覧いただいているとのこと、すごく嬉しいです😍やっぱり「なんか寂しいけどどうしたらいいものか…」というお悩みの方多いんですね〜私も撮影しながらいつも適切な量迷います。引き算って難しいものですよ…!
あーわかります。
なんか不自然な写真ありますよね〜
これ時間どれくらいかけたんだろう?みたいな
食べ物は食べるもので、撮るもんじゃないのにな〜せっかくの料理が時間かけて美味しくなくなっちゃうのにな〜って思います。
私もスイーツ撮ってますが、サクッと撮ってすぐ食べてます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。