渡辺愛×山根明季子×桑原ゆうで語る~その②

※本記事は、2018年8月28日都内で行われた「海外留学フェア (PPP Project)」の一貫として開催された「女性中堅作曲家サミット・グループA」の書き起こしです。パネリストとの合議による加筆修正が含まれます。(編集・わたなべゆきこ&森下周子)

パネリストのプロフィールはこちら
渡辺愛×山根明季子×桑原ゆうで語る~その①

ー(わたなべゆきこ、以下わたなべ)それでは、山根明季子さんに3つのキーワードをお聞きしたいと思います。

(山根明季子、以下山根)わたしの音楽は、自分のリアルと西洋音楽が一音単位ですごく剥離しているところに発端があって。「自分のリアルを思考し、作曲して、繋がっていきたい」というところから始まっているので・・・。作曲家としての自らを3つのキーワードで表すと「リアルな質感」「一音」そして物質でいっぱいの「キラキラドローン」ですかね。

ー(森下周子、以下森下)キラキラドローン!

(山根)はい。一音を「外側」から操作するだけでは踏み込めないところを、一音の「内側」に入り込んだら「ドローン=持続」っていう。それで作曲家をしながら、シングルマザーをしながら、地方拠点で生活しています。


ー(森下)「自分のリアル」と「西洋音楽」の乖離について、もう少し聞かせてもらえますか?

(桑原ゆう、以下桑原)山根さんがそういった視点でいつから音楽を始めたのか、ということにも興味があります。

(山根)何かを作りたい、音楽を作りたい、と思ったきっかけは、今思い返せば「こういうのがあればいいのに」と思った音が実際には存在しなかったからなんだと思います。自分が日々体感している世界の質感が、既存のドレミの思想、一音の在り方とずれていると感じているんですよね。

ー(森下)例えばドレミを五線に書くよりも、ストラヴィンスキーやメシアンのように音を色でイメージするような?

(山根)十二平均律を美しく均一に歌い上げなければいけない世界に、独特な違和感があって。こう書いてあったらこう弾くべきだとか。豊かさが無限にあるなか、制限されて小さくなっていく部分に、何か違うんじゃないか、ここには何かあるんじゃないか、と惹かれていくんです。

(渡辺愛、以下渡辺)先ほど質感の話をされていたんですけど、音以外での表現というのは考えなかったんですか?

(山根)音楽がいちばん世界と深くつながる、アクセスできる方法だったんですよね、わたしの場合。音が、一番深くつながることができる。

出典:YAMANE AKIKO OFFICIAL BLOG

ー(わたなべ)今回テーマとなっている「女性」作曲家と括られることについては、どうお考えですか?

(山根)パネリストの皆さんに対してそれに関連する質問を考えてはいたんですけど、音楽的な興味は違うだろうし、「それぞれ違って面白い」で終わってしまいますよね、きっと。一方で、日々の生活や子育てに関することなど、女性特有の「音楽以外の制約」って思った以上に大きいのではないかと。そういえば「なんと3人とも女性!」と括られたことが過去にあって(※作曲賞の最終選考候補者が全員女性だった)、今考えれば画期的なことだったと思うんですけど、性別に関係なく音楽を追求していたので、当時は「見て欲しいのはそこじゃない」と感じた記憶があります。

音楽的な部分での「女性性」については、近頃よく話題にもなっていて、皆さんにも逆にお聞きしたいです。女性だから、女性で作曲してるからっていうのは、わたしはむしろ全然意識していなかった部分で。でも無理矢理考えると・・・今回「女性〇〇」ってタイトルに入ってるし・・(笑)

ー(森下)そりゃそうだ、悩むよね、それ(笑)

(山根)じゃあどんな制約があるかといったら、西洋音楽史上で残ってきたのは主に男性の作曲家で、その時代と今、何が違うのかを考えると、やっぱり生活上の違いなのではないかと思うんです。女性が行なってきたとされることが多い家事と育児ですが、評価されないし、それだけでは経済的に生きていけない。無理じゃないですか、賃貸も借りれないし。

ー(わたなべ)わたしが思っていたのは、ママ作曲家としてオープンに活動をしていらっしゃる方が少ないということ。だから自分が出産する前は、生活に対するビジョンすら持てないというか、イメージが沸かなくて。対面して初めてわかる苦悩があったから、こういう部分は、もっと若い世代の人とシェアしていけたらと思ってます。

ー(森下)少し違った視点でいうと、出産・育児問題を含む身体的・社会的性別とはまた別に、わたしは、あそこのコンクールはマスキュリン (男性的)な作品が残りやすいしな〜などと無意識に思うことがあって。形容詞としての「マスキュリン・フェミニン」の意味を考えることがありますね。

【③につづきます】
渡辺愛×山根明季子×桑原ゆうで語る~その③

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

若手作曲家のプラットフォームになるような場の提供を目指しています。売り上げやドネーションの一部は、2019年夏東京開催の「三日間のコンポジション・アカデミー」の経費に回します。

嬉しい・・・
1

オンナ作曲家の部屋

※本記事は、2018年8月28日都内で行われた「海外留学フェア (PPP Project)」の一貫として開催された「女性中堅作曲家サミット」の書き起こしです。6人のパネリスト(渡辺愛、山根明季子、桑原ゆう、小出稚子、牛島安希子、樅山智子)と2人の聞き手(森下周子、わたなべゆ...