思いがけぬ商品情報が得られる時もある

 グーグルレンズを使い始めて、花のつぎに誰もが試したくなるのは、腕時計とワインでしょう。

 確かに、これらについては、かなりのことを教えてくれます。
 実際、腕時計の写真を撮ったところ、中古価格がどのくらいなのかを、すぐに知ることができました。

 ワインやシャンペンについても、かなり詳しい情報が得られるし、値段も分かります。

 レストランのワインリストにある値段と比べてみると、面白いでしょう。
 ワインの「にわか専門家」になることができるかもしれません。

 一般に、文字情報がある場合には、かなり正確に商品の情報を得ることができます。
 もちろん、これまででも、その文字を入力すれば情報を得ることはできたのですが、わざわざ調べようという気にはなりませんでした。
 カメラを向けさえすればすぐに情報が分かるので、調べるようという気になれるのです。

 上の写真は、いつも机の上に置いてあるガラスの文鎮の裏側なのですが、店名が書いてあります。これまでは気にもとめていなかったのですが、グーグルレンズで調べてみたところ、John Derianというニューヨークのインテリア用品店であることが分かりました。昔そこで買ってきたものだったのかもしれないのですが、忘れていました。

 上の写真は、Wi-Fiのルーター。だいぶ旧式になってしまっていますが、グーグルレンズで調べてみて、「無償で新型に交換できるかもしれない」という情報を得ることができました。
 これは、思ってもいなかった情報でした(ただし、時間がなくて、まだ交換に行っていませんが)。

 文字がなくても正確に商品名を当ててくれることがあります。これはティーポット。文字情報は何もないのですが、Tea for oneと正確に商品名を当てました。

 また、乗用車について、エンブレムの画像などがなくても、かなり正確に車種を当てます(駐車している車について調べたのではなく、ウエブにある写真について調べました)。

 ところで、ある人が、「この機能を使えば、お見合いの時に、相手の服装や靴などを撮影して値段を調べ、どの程度の所得の人か、知ることができますね」と言っていました。つまり、「プロファイリング」ができるというわけです。

 こうしたことをするのは、もちろんプライバイシー侵害の問題がありますし、写真を撮れるかどうかという問題もありますが、技術的に言っても、現在では無理ではないかと思われます。
 衣服や靴などについて、グーグルレンズで写真を撮ると、似た商品を表示して、価格などを教えてはくれます。
 しかし、多くの場合、その情報は、類似の商品に関する情報であり、撮影した商品そのものについての情報ではありません。
 したがって、相手の所得を推測しようとしても、誤ったプロファイリングになる危険が十分あります。

 それよりも、暇なときに、自分の身の回りにあるさまざまな商品にカメラを向けて、いままで知らなかった情報を集めてみましょう。人生が楽しくなります

  ::::::::::::::::::

AIの眼を駆使する「超」仕事法(目次)

ホーム

メタ・ナビゲーション(野口悠紀雄のnoteの総目次)

AI関連note記事 目

Google Pixelを使う 目次


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

野口悠紀雄

AIの眼を駆使する「超」仕事法

AIの画像認識機能を、ついにスマートフォンで利用できるようになりました。これをうまく活用すれば、仕事の能率を飛躍的に上げることができます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。