あなたはインテリゲンチャにとっての被検体


地下室からもれる方眼紙
それに力の都合を乗せたら
病んだ魂は光速で空を飛ぶだろう

花の蕾は恥じらいながら膨らみ
鳥は新芽を喜びながらついばみ
樹々に潜む病んだ魂は色づくだろう

街はいつまでも人を待ちつづける
沈黙は定規で図る絵空事
少女の魂は病みながら笑顔になるだろう

傘は歯に入れている
涙は口に降り
足先は汚水でむくみつづけるだろう

地下室からもれるスープ状の文字
それに裏の朝日を沈めたら
病んだ魂は凍えて地中に隠れるだろう

あなたはペンです



(初出:P.N.小林かよ 「詩と思想 2016年5月号」)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。