「短歌人」2019年4月号掲載作品

ゆきぐものうへにて光りゐる月へ手紙を綴る夜の紅茶よ

春立つと思(も)へば深雪(みゆき)のなかバスに乗りて和菓子をもとめにゆきぬ

樹々に雪 花のやうなりさはされど千葉には梅が咲いてゐるとふ

いもうととして生きて来し年月は生まれてからのすべてのじかん

しかけ絵本の中で迷子になつてゐる幼き頃の記憶のかけら

自画像はすなはち盛つた自撮りだと思ひつつ塗るあかるい色で

(会員1欄 冨樫由美子)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

冨樫由美子

短歌作品

主に「短歌人」誌に掲載された短歌作品です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。