ツアーのついでに海沿いの街でシーフード

 【アメリカ滞在&LIVEツアー2019

先週末、サウスカロライナ州チャールストンへライブに行った時に
海沿いの街はシーフードが美味しいよって情報をもとに
食べるの大好きなパトリックがお店を探してくれて行ってきました!

結果的にライブ前と、宿泊した翌日の2回、食べに行くこととなりました。

日本だと、新鮮さの差こそあれ、どこでもシーフードは買えるし食べれるけど、
ここだとなかなかそんなわけにはいかない。
日本ほど人気がないってのもあるかもだけど、大陸が広すぎるってのもあるのかもしれないね。。。

パトリックが高級レストランではなくって、
地元の人が行くようなレストランを探してくれました!

お。外観からしてそれっぽい!

店内はめっちゃ混んでて長い列が出来てました。
そんなに大人気なの!?すごい!
そしてお客さんは全員アフリカ系黒人さん。
みんなおしゃれでカラフルなヘアスタイルでちょっと羨ましい…。

レストランって書いてあったんだけど、どうやら今は店内では食べれない感じ。
そして並んでるお客さん達はみんな、生のシーフードを買いに来てたのでした。
お魚屋さん的な感じ?

こちらのスーパーでは、生のシーフードを取り扱ってるところはレアなので
ほとんど見かけることがないんだけど、ここは豊富でした。

馴染みある感じのが並んでて、なんかちょっとホッとする。
ここでのシーフードで一般的なのは、ティラピアとかキャットフィッシュ(ナマズ)とかだったりするから。笑

調理済みのものをお持ち帰り用カウンターは別にありました。
メニューも色々あるっぽい

しかし、この日はたまたまなのかわからないけど、
今持ち帰れるのは、カニとエビのボックスのみと言われたので、
それらを1つずつ注文することにしました。

店内で食べれないので、駐車場の車の中で食べることにしました。

2つで$10のボックスを開けてびっくり!

カニとエビが茹で上げられたまんまだった!笑

こちらでのシーフードの一般的な食べ方がフライなので、てっきり揚げ物だと思ってたよ〜
お味は淡白だったので、ほんとにお湯で茹でただけっぽい感じ。
量はめっちゃあるけど、食べるの大変で、小ぶりなので身も少ない。

私は今でこそ、焼き魚とか、全身があっても食べられるけど
昔は顔がついてる状態だと食べられなくて…(^-^;
小さい頃は箸がつけられずにいると、父が全部の身をほぐしてくれてました。
お陰で美味しく食べられたけど、長らく自分では食べられませんでした。笑

なのでこの時も私はほとんど手がつけられず…笑

Georgeとパトリックの2人で全部は食べきれず、クーラーボックスに入れて持ち帰り、後日唐揚げとなりました

↑ Georgeが小麦粉じゃなくってコーンミールで揚げてみてたよ

この後ライブを終えて、、↓

以前ここでのライブで2回一緒にライブしたことがある
地元バンドのメンバーさんのお家にお邪魔することとなりました。

そのお家へ向かう途中に踏切があって、長〜い貨物に遭遇したよ!

踏切に到着するけっこう前からすでに貨物列車はここを走っていて、
最初は「長いね〜」なんて喜んで見てたんだけど、こりゃいつまで続くのかビデオ撮ろう!と思って、最初は普通にビデオを撮影してました。

でもいつまでたっても終わりそうにないので、こりゃあかんと思い、
途中からタイムラプスに切り替えて撮影したのが、こちらです↓

私たちが踏切前に到着してから軽く5分以上はずっとこの状態だったので、
実際にはかなり長く続いてたんだと思われます。


そしてライブの翌日。
お世話になったお家の人と一緒に、
すぐ近くにある地元のレストランへ行きました。

お店の看板も名前も可愛い

店内は、お持ち帰り用カウンターと、レストランに分かれてました。

レストランのほうへ入ると、雰囲気が変わって、ほんのちょっぴり高級感が漂ってました。

ここもやはりお客さんは黒人さんばかりでした。
都会とか、学生が多いところは、いろんな人が入り混じるんだけど、
地方のほうはお店によってお客さんがはっきりと分かれることが多いよね。
今ツアーで回ってるのが、ディープサウスだからかな?

各自メニューを注文したら、
ドリンクと共に突き出し的に運ばれてきたよ。

すんごいカステラっぽいけど、コーンブレッドです。
小麦粉じゃなくってトウモロコシの粉で作ったパンなんだけど、
味的にはパラパラのカステラか、蒸しパンみたいな感じでした。
とにかくポロポロとすぐに崩れる。

私以外の3人が注文したシーフード・フライド・ライス。
つまり海鮮チャーハンです。

こちらのお味はとっても日本人好み。
っていか、チャーハンっていうより焼き飯って感じの日本ぽさ。
でもたぶんだけど、パエリアみたいに炊き込んで作られてるように感じました。
とにかく美味しかったよ〜

んで、パトリックはサイドメニューにコロッケみたいなのを注文してました。

↑ この手前の揚げ物のことね。

中身を割ってみるとこんな感じ。

具がぎっしりで、お味は海鮮揚げ中華まんみたいな感じでした。

んで私が注文したのは、シーフード・スープです。

小さいボウルに、スープというより、ほぐした身がぎっしりと入った
とっても重い液体、いや液体成分はほとんどなかったような…笑
とにかくそんな濃厚なスープで、とても美味しかったです!!

食事後にお手洗いに行った、昨夜お世話になったマイケルさんがなかなか戻ってこないな〜と思ってたら、なんと全員分の支払いを済ませてくれてました。
なんてこと!!宿泊のお世話になった上にご飯まで!!なんてこと!!
優しすぎる〜〜〜!!感謝です。

お腹いっぱいになってお家に戻ったら、桜が咲いてたよ〜

あれ?花びらが丸いから梅?桃?
でも花枝が長いからやっぱり桜??
こちらでは日本でよく見るソメイヨシノはほとんど見かけたことがありません。

この街は南のほうで暖かいので、桜も東京より全然早く咲きそう。
この後、滞在先のアセンズに戻ったら寒くて驚いた!笑

さて、来週はPDPにドラムで参加してくれてるパトリックと、
家主ダンさんのバンドFive Eightと一緒に
テキサス州オースティンへツアーに行ってきます!
1日で移動するには遠すぎる距離なので、途中ルイジアナ州ニューオーリンズで一泊して、2日かがりで向かいます。

ツアー中のWifi環境や、ブログを書く時間があるかわからないけど、
また写真とかいっぱい撮ってきて、のちに更新しますね〜♪

YURIAの発行中マガジン
アメリカやヨーロッパでのLIVEツアー記や、超ナチュラル&シンプル&ミニマルな暮らし、日々のエッセイなど、いろいろあるよ。→こちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アメリカLIVEツアー中の現在も チップ等のサポートに本当にいつも物凄く助けられています。 日本ではなかなかライブできてないですが ここnoteにて、近況やライブレポなど 様々なことを各マガジンで随時更新しています。 もしこの活動も応援してもらえたなら とても嬉しいです。

わ〜い♪
4

Yuria

アメリカ滞在&LIVEツアー2019

2018年5月に突然渡米して以来、Rockバンド「PINKY DOODLE POODLE(略してPDP)」のLIVE活動収入だけで暮らす日々。 http://pinkydoodlepoodle.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。