人のおもちゃで遊んでる

糸井重里さんが毎日書いているほぼ日「今日のダーリン」。

昨日読んだやつにガツンと頭を殴られた。

ほんとにやろうとはしてないこと、というのが僕の日々の活動の中にもたくさんあるんじゃないか、と。

それはまるで人のおもちゃで遊んでるようにも思えて、ちゃんと自分のおもちゃで遊ばないといけないんじゃないかとか、そもそもおもちゃは誰が用意してくれるんだ、自分で作らないといけないんじゃないかとか、いろんなことが今も頭を巡り巡って、そう言えばめぐりっていうAV女優さんがいて、なかなか良かったなあとか、そんなことまで浮かんできました。

それでも空はとても気持ちの良い秋晴れで、随分と寒くなってきましたけれども、もう少し、冬になるまではこの秋を楽しめるんじゃないかと、そういう気もしています。

千手観音、という言葉が突然浮かんできました。

何故だか分かりません。

バンバンバザールというバンドの、家庭教師2003という曲も思い出されます。

それは冬ですが、「明日の朝目が覚めたら、大きな2月の空に飛び出して行けばいい」と歌っています。

はじめは人のおもちゃだったり、誰かから与えられたおもちゃで遊んでいるのかも知れませんが、僕たちは自分でおもちゃを作ることもできるわけですから、そんな風におもちゃを作るところから楽しんでみるのも良いのだと思います。

#yusukeumeoka20181115 #日記 #エッセイ #人のおもちゃ #糸井重里さん #毎日 #ほぼ日 #今日のダーリン #昨日 #ガツン #頭 #ほんと #僕 #活動 #たくさん #自分 #めぐり #AV女優 #空 #気持ちの良い #秋晴れ #随分 #冬 #秋 #千手観音 #言葉 #突然 #何故だか #バンバンバザール #バンド #家庭教師2003 #明日の朝 #2月の空 #僕たち #楽しんでみる

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

連マガvol.3 〜 新しい季節

気づいたら、昨年末からの100ノートが終わってて、急遽新しいマガジンを作成。たぶん、あんましこのマガジンの使い方とか分かってない。なんとなく、3ヶ月区切りになるということは、季節ごとに新しいマガジンができる。あぁ、これって季刊誌だ。それでは2018春号、いきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。