誰も、誰にも、決めつけられたく、ない。

「お前は◯◯だから」とか、「お前は◯◯ができないから」とか、よく耳にするけど、それ言ってるヤツって、それ言われてるヤツがどんな風に感じてるか、分かってんのかな。

きっと言ってる方は、そうやって人を分類することで、安心するんだろな。

あんたは外国人、おれは日本人。

て分類するだけでも安心するんだな、きっと。

ちょっと話がややこしくなるので、身近な集団をイメージしてほしいんすけど、たとえばサッカーチームでもいいや。

お前はディフェンス、お前はキーパー、お前はトップ、とか、人に決められること、ある。

実際、僕もパパコーチやってるので、決めること、ある。

それってでも、当人の思惑と違う時、ある。

◯◯だと評価されたいのに、違う、とか。

あぁ、うまく書けないや。

このニュアンス。

簡単に人に対して評価を下すもんじゃない、ってことが近いんだけど。

また、もっかいいつか書き直そう。

#yusukeumeoka20180211 #日記 #エッセイ #コラム


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

連マガvol.2 〜 仕事が軌道に乗るまでのストーリー

2017年12月20日(正確には21日の午前1時ごろ)から、およそ2018年3月末までのストーリー。新しい会社で立ち位置が定まってきて、いよいよ春から成果をあげていくという段階。これは自分だけのストーリーではなくって、会社の成長と直接関係しているので、読者はそれをリアルタイ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。