アンストラクチャー

最近、週ひが前田さんからいろんなことを教わる。

アンストラクチャーってのはラグビーの戦術用語らしい。

読んで字のごとく、「構成されていない状態」なんだな。

ラグビーってのはプロレベルになると研究しつくされていて、勝てる戦術、みたいなのが存在するらしい。

つまりそうなってくると試合がワンパターンになって見ていて面白くないと。

そのために頻繁にルール改正まで行われているとか。

そこで登場したのがアンストラクチャーという戦術らしい。

これは、敢えて戦術的でない展開が生まれるような戦術、ということで、例えばボールのバウンドの仕方に委ねて場合によっちゃあ面白い展開になるぞ、ってところにボールを蹴るとか。

賭けの要素を加えるわけね。

パナソニックがこの戦術を取っていて話題になってるらしいが、とにかく見ていて面白い試合になるんだって。

僕が思ったのは、見ていて面白い組織ってのはアンストラクチャーの戦術を取ってんじゃないかってこと。

少人数だとハナっから「組織を構成する」なんてこと考えずにやってるだろうから、意図しないアンストラクチャーなんだろうけど、人数増えてきたり、年数経ったりするとどうしたって「構成的」になってくる。

すると、面白みがなくなっていくわけだ。

そこで敢えて「構成しない」状態を作る、ってのはなかなか難しいことなんだろうけど、やっぱし「賭け」の部分に面白みが含まれてんだろうなー。

今、賭けてるか?

ってのは、一つの指標になるかもなー。

#yusukeumeoka20180323 #日記 #エッセイ #コラム #アンストラクチャー #ラグビー #賭け

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

連マガvol.2 〜 仕事が軌道に乗るまでのストーリー

2017年12月20日(正確には21日の午前1時ごろ)から、およそ2018年3月末までのストーリー。新しい会社で立ち位置が定まってきて、いよいよ春から成果をあげていくという段階。これは自分だけのストーリーではなくって、会社の成長と直接関係しているので、読者はそれをリアルタイ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。