スノーボールアース

何億年も昔、地球全体が氷につつまれてしまうほど激しい氷河期があったという説があるらしい。

ということをドラえもんで知った。

映画にしろ、アニメにしろ、その制作のために必要な調べものだとか、想像以上の時間と労力がかけられているんだな。

・・・

ここのところ、このnoteを毎日書くってことに飽きてきたなぁ、とまさにさっき感じていたけれど、最近そっちの「時間と労力をかける」方の制作をしていないからかもなぁ、と思った。

僕の場合はバランスがとっても大切なので、一方に向かいすぎるとその反対のことを求めてしまう。

双方バランスよくエネルギーを使っている時に安定したモチベーションで良いパフォーマンスを発揮できる気がする。

こないだ「質と量の勘違い」みたいな話があったけれど、そういうことなのかも知れないなぁ。

問題が起こってくるのは、関わる人の中で質なのか量なのかが共有できていなくて、こっちは「いやいや、そここだわらんとどんどんやろうよ」って思ってんのに一方で「ここのディテールがもうちょっと・・・」みたいな話をされると、互いに嫌になる、みたいな。

そこの意識の共有が最も大事だということかも知れないなぁ。

・・・

それにしてもスノーボールアースってのは壮大な話だ。

諸説あり、というのは、一旦地球の全てが凍ってしまうと太陽熱を反射してしまい二度と溶けることがない、っていう説があったりする、ということで、話のレベルが「今晩何食べようかな」って悩みとは全く違う。

自分はちっぽけだ、とかよく言うけれど、そうやって考えるのもバランスかも知れないな。

壮大なスケールの物事を頭の片隅に置いておくから、日常の些細なことに情熱を向けられるような。

そんなバランスも、なかなか良いのではないか。

#yusukeumeoka20180303 #日記 #エッセイ #コラム #ドラえもん #スノーボールアース


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

連マガvol.2 〜 仕事が軌道に乗るまでのストーリー

2017年12月20日(正確には21日の午前1時ごろ)から、およそ2018年3月末までのストーリー。新しい会社で立ち位置が定まってきて、いよいよ春から成果をあげていくという段階。これは自分だけのストーリーではなくって、会社の成長と直接関係しているので、読者はそれをリアルタイ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。