デジルマサラ

面白い人がいるもんで、昨日京橋の居酒屋とよというところでJRに勤めながらハウスのDJをし、カレーも作るしスケボーもやる、みたいな人と出会った。

そのDJやるときの名前がデジルマサラというらしいのだが、「出汁(だし)」でデビューしたのにオーガナイザーが漢字を読めずに「デジルですか?」と言ったところからそうなったらしい。

マサラはもちろん、趣味が高じてイベントなどで提供するようになったというカレーからきている。

10年来の職場の後輩と飲みに来ていて、とてもいい感じの若者二人だった。

「デジルマサラ」という名前が印象的だったので、思わずタイトルにつけてしまったけれど、実はそんなに書くことなかったな、しまった。

それにしても居酒屋とよは大繁盛だった。

取材で15:30の開店前から行ったのだけれど、15:00を過ぎるともうお客さんが並びはじめて、開店後はずーっと満員だった。

デジルら曰く、夜来たら平気で1時間待ちとかになるので、来るなら休みの日に開店待ちするのが正解らしい。

ライターが聞いた話によると、大将は奄美の喜界島出身で、15歳の時に集団就職で大阪にやってきて飲食店で働いていたらしい。

成功の秘訣はなんだというようなことを聞くと、大きな声で「嘘をつかない!」「人の倍働く!」と言っていたな。

営業中もたびたび「えいっ!」「おぅっ!」と威勢の良い声を上げながらマグロのほほ肉を自分の手ごとバーナーで炙って焼き上げたり、新鮮なウニやイクラをどっさりカッパ巻きの上に乗せて料理を準備していた。

朝4時から働いているという。

外国人観光客にも臆すことなく大きな声で片言の英語で話しかけていた。

スタッフの女の子たちも皆曇りなく生き生きと働いていた。

一つのテーブルに集まった初対面のお客さん同士がまるで一緒に飲みに来た友だちグループかのように楽しげに話してワイワイ飲んでいた。

デジルマサラの名前も印象的だったけれど、ほんとにいいお店、いい雰囲気の場所に出会えたような気がして、素敵な時間だったなぁ。

大将を遠目から撮影しようと狙っていると、僕を見つけて大きな声でまた、「嘘をつかない!」「人の倍働く!」と叫んでいた。

好きな言葉だ。

#yusukeumeoka20181011 #日記 #エッセイ #コラム #デジルマサラ #面白い人 #京橋 #居酒屋とよ #JR #ハウス #DJ #カレー #スケボー #名前 #出汁 #デビュー #オーガナイザー #漢字 #趣味 #イベント #10年来 #職場 #後輩 #若者 #タイトル #印象的 #大繁盛 #取材 #開店前 #お客さん #満員 #夜 #開店待ち #正解 #ライター #大将 #奄美 #喜界島 #15歳 #集団就職 #大阪 #飲食店 #成功の秘訣 #嘘をつかない #人の倍働く #営業中 #マグロのほほ肉 #自分の手 #バーナー #ウニ #イクラ #カッパ巻き #料理 #外国人観光客 #片言の英語 #スタッフ #女の子たち #テーブル #初対面 #友だちグループ #素敵な時間 #好きな言葉

・・・

なんだか今さらのようだけど、せっかくこうやって何かしらほざいたことを読んでくれている人がいるということで、僕の周辺をここに紹介しておくことにします。

StarFACTORY
http://starfactory-inc.com

StarFACTORY/facebook
https://m.facebook.com/starfactory2017/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

連マガvol.3 〜 新しい季節

気づいたら、昨年末からの100ノートが終わってて、急遽新しいマガジンを作成。たぶん、あんましこのマガジンの使い方とか分かってない。なんとなく、3ヶ月区切りになるということは、季節ごとに新しいマガジンができる。あぁ、これって季刊誌だ。それでは2018春号、いきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。