ワールドカップ(シアトル日記6)

皆さんこんにちは。
シアトル日記6を更新します。
10まで行くことを目標としていましたが、6 or 7が最後になると思います。

さて、ワールドカップ日本代表は決勝トーナメントに進出しましたね👏
ネットを見ると賛否両論の様々な意見があると思いますが、この日記は私個人の意見を書きます。

私も試合を見ましたが、確かに少し残念だなと思ったことも事実です。でも代表というのは結果が求められる世界で、もしポーランド戦で攻め続けて失点をしたらどうして攻めたんだ。と多くの人は否定したでしょう。西野監督の思い切った6人の先発変え、そして最後に長谷部選手の投入。システムの4-1-4-1。グループリーグでの戦い方の難しさ。試合を見ながらサッカーとは奥が深いものだなと思いました。

私が一番残念に思うのは批判したファンに対して批判するなどという応援側の質が低いということです。様々な意見があると思いますが、結果としては決勝トーナメントに進出しています。中にはドイツのように多くの選手が揃っていても予選で敗退してしまったチームが16チームもあるということです。その中で日本が8年ぶりに進出したという事実に対してどうして日本代表すごいっていう捉え方にならないのかなと思います。代表の選手は私たちにはわからないプレッシャーというものがあり、その中で次に繋げてくれて私たちにまだ日本を応援できるチャンスというものを与えてくれました。
アメリカ人の人から言われました。どうして日本は次に繋がったのに喜ぶより先に批判する人がいるの?って。確かに…と私は考えました。そのアメリカ人はアメリカはワールドカップにも出れてないから羨ましいよって。あの大舞台に自分の国が戦ってるってことは凄いことなんだよ。って。本当にその通りだなと思います。

そしてもう一つ、私が疑問に思ったのは
どうして試合の前から6人もの選手が交代するってことがわかっていたのだろうと。長谷部選手をベンチにし、川島選手はそのまま起用で6人を変えるという記事を試合前に見ました。
普通そういうのって直前にわかるものじゃないんですかね?長友選手や本田選手が言及しているようにメディアの影響力って大きいし、そういうことって暗黙のルールってものがあるんじゃないのかなと。

日本代表選手を応援する側として
応援やメディアの質を上げていかないとダメなのではないかなと正直に思いました。

サッカーって何が起こるかわからないから面白いんだと思います!
ベルギー戦も信じてみんなで応援しましょう!
頑張れ日本🇯🇵

私も明日のシアトルである最後の試合楽しみたいと思います(^^)頑張ります!

ご覧頂きありがとうございます。
これから出来るだけ更新を目指して頑張っていきたいとおもいます。私のページを気に入って頂けたら、フォロー、シェアして頂けたら幸いです。応援やサポートをして下さる方がいましたらSNSを通してメッセージを頂ければと思います。宜しくお願い致します。
Twitter&Instagram:@yuuka_kurosaki
Facebook:@yuukakurosaki1997
#YuukaKurosaki #yk10 #Soccer #America #Japan #Seattle #女子サッカー #アメリカ留学 #Worldcup #letsgojapan #ワールドカップ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも沢山の方からのコメントを頂き、とても嬉しく思っております。今回の記事でも、もし共感してくれた方がいましたら、いいねやRTそれが最高なプレゼントになります。そしてサポートをしてくださる皆さん、そのサポート費は日本への一時帰国の際の活動費として大事に使用させていただきます。

よろしければシェアもお願いします!
15

アメリカの大学についての note マガジン

こんにちは。アメリカの大学に留学している学生はまだあまり知られていないだけで、様々なスポーツで頑張っている人が沢山います。多くの方に読んでいただけるように、アメリカの大学にスポーツ留学している人たちのnoteをまとめてみました! そして、アメリカの大学情報について参考にな...
2つのマガジンに含まれています

コメント1件

初めまして!、自分も今回のポーランド戦、残念に思った人間です。なぜ引き分けでいいのに、負けてなおあんなプレーを見せるのかと…。言われてみれば決勝トーナメントに進出するというのは、当たり前な事ではありませんよね、はっ!と気づかされたように感じました。ベルギー戦、いい試合を期待したいですね!。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。