スクリーンショット_2019-08-14_16

【7】「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

最近、「オウンドメディアの閉鎖が相次いでいる」という記事を見ました。
ラジオでも話題になっているようです。

各メディアの閉鎖の理由は正直よくわかりませんし、個別の事情もあろうかと思いますので、これに対して分析を加えることは無意味でしょう。
おそらく、ついているコメントも憶測に過ぎないものが多いでしょう。


とはいえ、これからオウンドメディアを運営しようとしている企業や、ブログメディアを解説しようとしている方も読者の方には数多くおり、このような情報は有益です。

そこで今回は、弊社が行ってきた他社の支援と、自社オウンドメディアであるBooks&Apps運営の状況を踏まえ、オウンドメディアの費用対効果について書いてみたいと思います。

オウンドメディアにかかるコスト

さて、まずオウンドメディアの運営コストの話からです。

Books&Appsは2013年の2月から6年半に渡り、基本的には週7本程度の記事を出してきています。これは月間約25本〜30本のペースです。

最初の2年は私がライティング、編集、記事のアップロードをほぼ専任で行い、取締役の1名がライティングを兼任で行っていました。

この続きをみるには

この続き:4,161文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
隔週でインターネット上における 「webライター」 「webメディアの運営者」のためのノウハウを発信します。 詳細かつテクニカルな話が多いので、一般の方向けではありません。

ビジネスマガジン「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSに...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!感謝いたします。
11

安達裕哉

ビジネスメディアBooks&Apps管理人の安達です。 人の能力について興味があります。企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働者と格差。 定期購読マガジンでは、メディア運営、メディアマーケティング、制作過程の裏側を詳細にお伝えします。

webライターとメディア運営者の、実践的教科書

ビジネスマガジン「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度