見出し画像

卵とソーセージの甘辛トッポギアレンジ

関連記事:カップのトッポギ食ってみた カップのトッポギ食ってみた2 ヨッポギちょいたしアレンジ

韓国の屋台飯トッポギをカップでお手軽レンジupで頂ける、「ヘテ・ヨッポギ」。前回はチーズ味と甘辛味にちょいアレンジしたのですが、今回も甘辛味をベースにしてアレンジしてみようと思います。

画像5

いややっぱりコレが一番ですな木村さん的には。本場韓国の屋台でも甘辛タレのトッポギが人気らしく、なかにはトッポギとソーセージを交互に串に刺したものなどもあるそうです。

画像2

と、いう訳で今回のアレンジではまずソーセージ。前回、魚肉ソーセージをチーズ味に入れてみたのですが今回は普通の皮つきソーセージを。

これに付属タレと水をいれてレンチンするだけでも美味しそうですが…それだけじゃあ面白くない。前回もやりましたが卵をいれましょう。

画像3

今回は溶き卵で、しかもたっぷり玉子2つ入れじゃい。あとはこれを既定どおり(500wレンジで2分半、600なら2分ほどでイケるでしょう)にレンチン。

画像4

完成。玉子がふんわりとオムレツ状になってて美味しそうです。

画像5

ガーっとかき混ぜて頂きます。玉子2個入ったぶん、ちょっと味が淡泊というか薄味になっちゃいましたがソーセージとトッポギの相性はいいですな。玉子になにかしら下味を加えても良かったかも知れません。

ということで今回はこのあたりで。ごちそうさまでした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的に記事は無料でお届けしますが、お気持ちはありがたく頂戴いたしますので、なんていうか、支援しろ…いや支援してくれてもいいのよ?

Youtuberは休業中。Twitterでやってた#今日のインスタントラーメンという企画をこちらのnoteでやることにしました。気が向いたら他にも雑文など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。