「あなただけの魔女」~ハロウィン・ホラー短編集~

 その日はどこまでも空が高くてきれいに晴れ渡っていたのに、少し風が冷たくて嫌な感じのする日だった。小学生だったツバサは子供会の主催するハロウィンパーティーに参加させられた。ツバサ本人としてはお菓子は好きだけれど、お化けの仮装をするのは恥ずかしかったし、みんなとワイワイするということがそれほど好きではなかった。何よりツバサよりも張り切っている母親と一緒にいるのが嫌だった。

この続きをみるには

この続き:10,072文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

「あなただけの魔女」~ハロウィン・ホラー短編集~

霧夢

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

霧夢

短編小説・即興小説の仕上げ・歌詞もどき・マイペース上等

ハロウィンホラー短編集「誰にもなれなかった夜」

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。