やり直しのきく夢をみたうっすらと足首に苔がこびりついてる
ロードローラーにまとわりつく笑気アメリカへ行こうと誘われる
こちらから遠くに隔てられている塔へは行かない、ここがうれしい
電車とバスを乗り継ぎ行ってみようかと場ちがいなのは分かっているが
無灯火で自転車を漕ぎいけるところまで突きあたるところまで、いく
事務室は折りたたまれて几帳面に十五平方センチメートル
うっすらと積もるあなたのためらいを人差し指でふっと葬る
キンモクセイの匂いを横に通り過ぎ部屋の匂いがわずかに混じる
はだの内気のほのかな底に目をとられ星の消えゆく時間が過ぎる
しらじらと離れて冷えてゆく、ならばひとまず言葉を疑いはじめる
羊たちは伸びたり縮んだり手話にお互い溢す米のいく粒
#短歌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

白井健康

未来短歌会彗星集/2011年歌壇賞次席 /「オワーズから始まった。」(書肆侃侃房、ユニヴェール) /橄欖追放にも掲載されています。 http://petalismos.net/tanka/kanran/kanran210.html

短歌

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。