誰からも愛されないことより、誰も愛せないことのほうが問題

#孤独について考える


何が孤独で、何が孤独じゃないのかを考えている。

誰からも好かれないのは孤独だよなあ。そんな当たり前のことを思いつつ、なら反対に誰のことも好きじゃないのはどうなんだろうと考える。

「誰からも愛されないことが孤独なのではない。誰も愛せないことが孤独なのだ」

そうするとずいぶんと名言らしい言葉を思いついた。色紙に書いて路上で売りたい。

そうか。誰のことも愛せないというのは孤独なんだ。


孤独を感じている人は多い


幻冬舎の木内くん(@kiuchidesu)がコルク代表・佐渡島庸平さんの著書である「WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~」の感想をnoteに書いていた。

木内くんは孤独を感じているらしい。

そんな彼に共感した人たちが呼応し、Twitterやnoteでそれぞれの思いを吐き出していた。その流れは勢いがよく、見ていて面白かった。孤独に対して、面白いという言葉はずいぶんと不釣り合いだなとも思うのだけれど。

みな、孤独を感じているようだ。



余談だけど、

木内くんはみなからきゅーちゃん、きゅーちゃんと呼ばれて可愛がられている。

だけど、5歳くらい年上の僕に「いしきゃわちゃん」とふざけたあだ名をつけたりするし、最近ではついに「いしかわ」と呼び捨てするようにもなりました。ときには「おい」「ふざけんなよ」と乱暴な言葉をぶつけてくる。愉快なやつだ。

そんな彼が真面目なトーンで「僕はコミュニケーションを取るのが苦手でコミュニティに属しながら孤独を感じていました」とnoteに書いてるのを見た時は素直に「嘘だろ」と思いました。人間の表と裏を見せてくれて本当にありがとうこざいます。

余談です。


コミュニティの中での孤独


孤独だと語る人々も、多くはコミュニティに所属している。それなのに、なぜコミュニティの中にいながら孤独を感じるのか。大きな理由の一つは、感情が受動的だからだと考えている。

人は相手に「自分を理解してくれるはず」「受け入れてくれるはず」という期待を抱く。でも、期待すればするほど、理解してもらえなかったときの悲しみは増長する。

だから相手には多くを「求めない」べきだ。「求めない」というと人との距離を遠ざけることのように思えるけど、実際には相手との適切な距離を知る行為だと思っている。

「求める」という行為は自分本意で、要求は相手の意志や関係性を全て飛び越える。本当に何かをしてほしいと思うなら、「求める」ではなく「頼る」ということが本来あるべき姿なはずだろう。

何かに躓いて転んだとき、見上げれば誰かが手を差し伸べてくれると思うのは傲慢だ。そんなことで怒ったり、悩んだりするのは誰のことも幸せにしない。

転んだ人がいたとき、自分は手を差し伸べられているのか考える。それができていないなら、まずは自ら手を差し伸べることから始めるべきだ。

してもらうことを期待するより、自分自身に期待することのほうが気持ちが楽かもしれない。

必要のない孤独を生み出さないためには、相手への期待に依存せず、受け身にもなりすぎないことが大切なんだろうな。


自分は誰かと接続できているのか


そして、冒頭にも書いた「誰も愛せないことによる孤独」。この孤独は辛いだろうなと思う。

人からどれだけ好かれていたとしても、自分が誰かを好きだと意思表示ができないのは淋しいことだ。

そうなってしまうと、誰かの言葉だけが自分を規定しているように感じる。実在のの自分ではなく、ホログラムで映し出された(誰かの言葉によって模られた)実体のないヴァーチャルでしかないような気がしてしまう。

さらにいうと「愛することを諦めてしまった」がゆえの孤独を感じるのが怖いのかもしれない。

予防医学研究者の石川善樹さんが「孤独になると人は他者への攻撃性が高まる」と話していた。一度孤独になると、誰かを愛するという行為からどんどんと遠ざかっていってしまうようだ。


友だちが多い少ないは関係ない


僕は友だちが少ない。「愛と勇気だけが友だち」と言い切ってしまうあのパンのマンとためを張るくらいには少ない。

人の輪に飛び込んで積極的にコミュニケーションをとるタイプではないし、学校では机でひとり本を読んでいたような人間だ。自己紹介の時間は衝立の後ろに隠れる。

それでも、あまり孤独は感じていない。

「誰のことも愛せないことが孤独」としたことの逆説で、僕は身近にいる人たちを猛烈に愛していると思う。

最近だと居場所をくれるオンラインサロンのメンバーも好きだ。みんな優しいから。俺にこのnoteを書けとうるさく迫ってくる木内くんも好きだ。ほんとうるさいなとは思うけど。

誰からも好かれないとしても、誰かを好きになれないよりはずいぶんとマシな気がする。自分の愛情をぶつけられる対象がいるということは本当に幸せなことだ。

もちろん全てがいい方向に進むとは限らない。それでも「愛情」という熱が自分の中にないことの淋しさや、むなしさに比べたらどうってことはない。

嫌いな人のことを無理矢理に好きになる必要はない。好きな人に思いっきり好きを伝えればいい。

友だち、恋人、恋人にしたい誰か。対象が必ずしも人ではある必要もなくて、モノでもコトでもなんでもいい。

好きの感情が上手く表現できなくなったら、自分は孤独だと心配になる。

恋愛において「自分のことを好きな人が好き」という人が結構たくさんいる。それは孤独を埋めるために湧いてくるごく自然な感情なのかもしれない。

どこかのアイドルが「愛されるよりも愛したい」と歌っていた。

今の時代、僕らはAIに勧められたものを受動的に消費していれば充分な幸せを手にすることができる。でも、そんな生活をしていたら能動的に何かを愛することを忘れてしまうかもしれない。

それこそが孤独だ。

孤独がダメだとは思っていない。でも一生孤独でありたい人はいないはず。僕もそうだ。

だから誰かを愛そうと思う。

誰かを愛すことは存在証明だと思おう。

これから先、誰のことも愛せなくなったら、あらためて孤独についての問いを立てることになると思う。

できればそんな日は訪れることなく、大好きな鳩のことだけ考えていたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

新年早々、洗濯機が壊れました。

こちらこそスキです
99

石川遼

『未来』をつくる、脳と心と精神のメカニズム

脳科学、心理学、精神医学――切り口は違うが、どれも「人の心のしくみを知る」学問だ。精神活動や知的生産活動とは、突き詰めれば「約1000億個の生体回路とその100倍の数の接続点を微弱な電流が往来する通信網を形成し、毎秒100京回(=1エクサFLOPS)の高速演算処理を行ってい...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。