見出し画像

イランで国内旅行に行ってみた:その3 デート編

前回からの続きです。

見逃した方はこちらから

さて、声をかけてきたイラン人女性から、観光案内の申し出を受けたTK工房

二つ返事でお願いした翌日の朝

ホテルの前で待ち合わせ

約束の時間に颯爽と現れた彼女


あらま!

昨日と違ってえらい綺麗やないの

昨日は仕事の帰りだったため、彼女は会社の制服でした。


イランの会社の制服はたいてい、上から下まで真っ黒。

で、頭に巻くヘジャブも結構タイトで、たいてい顔しか見えてないんですが


プライベートは、しっかりオシャレしてきて

頭もヘジャブでなく、明るい色のスカーフの緩まき

私「昨日と全然雰囲気違うから、一瞬誰かわからんかったわ。めっちゃええやん。」


彼女「そう?ありがと。まぁ、昨日はダサい制服やったしな」


私「ダサいて(笑)」

彼女「いやー、だって、上から下まで黒で隠さなあかんねんで?」

私「でも、あのスタイル嫌いな女性もいる一方で、好きな女性もおるんやろ?」


彼女「好きな人なんか1割くらいちゃう?私は嫌や。宗教とか興味ないし」

私「でも、登録上はイスラム教徒ちゃうの?(笑)」

彼女「せやけど。マジ夏なんか最悪やで。くっそ暑いし。やっぱりGパンにTシャツが最高やろ」


私「でも、冬は暖かそうでええやん。」


彼女「そんな問題ちゃうねん(笑)」



私「え、ちゃうの?(笑)」


彼女「で、どこ行く?エマム広場?スィーオセ橋?」

私「そやな。まずはエマム広場かな」

彼女「OK。ほな行こか~」


と、彼女のマイカーに乗り込んでエマム広場に


お~、昼と夜で、また全然雰囲気違いますな~

最高ですやん

まずは昨日入れなかった宮殿から


入るにはチケットがいるんですが、どうやら外国人は有料で、地元民はタダみたいです


受付で、ボイスレコーダーみたいなのを渡され

宮殿内の指定の場所でボタンを押すと、その場所の説明が流れるものだと教えてくれる


まぁ、観光地でよくある機械です。


私「まぁ、俺には君がおるから、使う必要ないな」

彼女「いやいや、私この遺跡のこと全然知らんよ。」


私「そうなん?(笑)来たことないん?」


彼女「小学生の時に来たことあるくらいやで。そんなん忘れてるわ。

そもそも、こんなTHEイランな建物、私からしたら何もおもんない。」

私「付き合わせてごめんて(笑)」

彼女「いやいや、そういう意味じゃない(笑)もちろん観光客にとって面白いのはわかるから、是非楽しんで。」


こんな感じで二人で喋りながら歩いてると、この世界遺産的な遺跡より、彼女に興味がどんどん湧いてくる

続く

#ペルシャ #イラン #中東 #イスファハン #逆ナン #観光 #デート #イスラム #エマム広場 #宮殿

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、こんな僕を育ててくれた母ちゃんに還元したいと思います。

引き続き、何かしら発信します!
12

TK工房@TKTKfactory

中東担当→インド担当のサラリーマン。現地に行って見て触れて得た情報をコミカルに伝えていければと思ってます。インド素人ですが、これからどんどん発信していきます。ツイッター:https://mobile.twitter.com/TKTKfactory

中東・イスラムについて(たまに更新)

中東に関する情報を面白おかしく身近にお伝えするマガジン
1つ のマガジンに含まれています

コメント6件

尼崎出身で 現在は 大阪府下です。
なるほど、素晴らしいですね。尼崎、長田、西成、生野はみんな親戚やと思ってます(笑)
爆笑😂😂😂
まぁ現地の人は遺跡も宗教もそんな感じなんですかね〜(笑)戒律とか厳しいイメージありますけどね〜(笑)
イランに限っては、おそらくこんな感じです(笑)基本的には政府は結構厳しいんですけどね(笑)こんなこと記事に書くのもなかなかリスキーでして、彼女に迷惑かからないよう、先日の写真を削除して、特定されないようにしてます😅
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。