ダウンロード__2_

Exploratory search(①アウトラインと歴史)

先日の記事「(仮称)全幅探索的キーワード検索」に関してちょっと調べたところ、すでに英文のWikipediaにそれっぽい記事が存在している。ということが判明したので、確認がてら日本語訳を当てていこうと思います。

Wikipedia(English)リンク
 https://en.wikipedia.org/wiki/Exploratory_search


Exploratory search

探索的検索

Exploratory search is a specialization of information exploration which represents the activities carried out by searchers who are:
unfamiliar with the domain of their goal (i.e. need to learn about the topic in order to understand how to achieve their goal) or
unsure about the ways to achieve their goals (either the technology or the process) or
unsure about their goals in the first place.
Exploratory search is distinguished from known-item search, for which the searcher has a particular target in mind.

探索的検索は次のような探索者がする活動を表す情報探索の専門化用語である。
ゴールの領域に精通していない(つまり、目標を達成する方法を理解するためにトピックについて学ぶ必要がある)、または
ゴール(技術またはプロセス)を達成する方法がよく分かっていない、あるいは
そもそもゴールがよく分かっていない

探索的検索は、検索者が特定のターゲットを念頭に置いている既知の項目の検索とは区別される。

Consequently, exploratory search covers a broader class of activities than typical information retrieval, such as investigating, evaluating, comparing, and synthesizing, where new information is sought in a defined conceptual area; exploratory[2] data analysis is another example of an information exploration activity. Typically, therefore, such users generally combine querying and browsing strategies to foster learning and investigatio

結果として、探索的検索は、定義された概念領域で新しい情報が求められる調査、評価、比較、および合成など、通常の情報検索よりも幅広い活動を対象としている。 探索的データ分析は、情報探索活動の一つの例である。 したがって通常、探索的検索をするユーザーは、一般的に、クエリ(問い合わせ)とブラウジング(閲覧)の戦略を組み合わせて学習と調査を進めていく。


Contents
1 History
2 Research challenges
2.1 Important scenarios
2.2 Designing new interfaces
2.3 Evaluating interfaces
2.4 Models of exploratory search behavior
3 Major figures
4 References
5 Sources


History


Exploratory search is a topic that has grown from the fields of information retrieval and information seeking but has become more concerned with alternatives to the kind of search that has received the majority of focus (returning the most relevant documents to a Google-like keyword search). The research is motivated by questions like "what if the user doesn't know which keywords to use?" or "what if the user isn't looking for a single answer?". Consequently, research has begun to focus on defining the broader set of information behaviors in order to learn about the situations when a user is, or feels, limited by only having the ability to perform a keyword search.

歴史

探索的検索は情報検索と情報探索の分野から成長してきたテーマだが、大部分のフォーカスを当てられている(最も関連性の高いドキュメントをGoogleのようなキーワード検索に返す)検索の種類への代替手法として着目されてきている。この研究の動機は、「ユーザーがどのキーワードを使用すべきかわからない場合はどうすればよいか?」または「ユーザーが単一の回答を探していない場合はどうするか?」といった疑問に基づいている。その結果、ユーザーがキーワード検索を実行する能力に乏しい、またはそのように感じている状況について学ぶために、研究はより広範な情報行動の定義に焦点を合わせ始めた。

In the last few years,[when?] a series of workshops has been held at various related and key events. In 2005, the Exploratory Search Interfaces workshop focused on beginning to define some of the key challenges in the field.[2] Since then a series of other workshops has been held at related conferences: Evaluating Exploratory Search[3] at SIGIR06[4] and Exploratory Search and HCI[5] at CHI07[6] (in order to meet with the experts in human–computer interaction).

ここ数年で、[ いつ?]一連のワークショップが、さまざまな関連イベントおよび主要イベントで開催された。2005年、探索的検索インターフェイスワークショップは、この分野の主要な課題のいくつかを定義することに焦点を当てた。それ以来、関連する会議で一連のその他のワークショップが開催された。SIGIR06 の探索的探索の評価およびCHI07 のHCI (人間とコンピューターの相互作用の専門家と会合するため)。

In March 2008, an Information Processing and Management special issue[7][8] focused particularly on the challenges of evaluating exploratory search, given the reduced assumptions that can be made about scenarios of use.

2008年3月の情報処理および管理の特別イシューでは、使用シナリオに関して行うことができる限定した仮定の下で、特に探索的検索の評価の課題に焦点を当てた。

In June 2008, the National Science Foundation sponsored an invitational workshop to identify a research agenda for exploratory search and similar fields for the coming years.

2008年6月、米国国立科学財団は、今後数年間の探索的検索および類似分野の研究課題を特定するための招待ワークショップを後援した。


============引用と対訳ここまで=============

雑感

短く分解していった方が理解が捗りそうなのと、単純に時間と集中力が持たないのでちょっとずつ進めます。

今回のポイントと考えた点

✔ 探索的検索は情報検索の一種
✔ ゴールが明確でない場合のゴールの設定なども含む探索活動
✔ 
通常の情報検索よりも幅広い活動を対象としている





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、面白そうなものやサービスに使ってレポートをしたいと思います

♥♥♥
2

吉田

大阪市在住のおっさん 会計の専門職などをしています。 吉田はニックネームですが吉田と呼んで下さい。 自分が読んでみたいと思う記事を思いつきで書いています。そのうち方向性が定まるかも知れません。 ツイッター https://twitter.com/KT15887351
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。