【証拠つき】1時間で絵が上達する本「脳の右側で描け」

私の絵の能力(本を読む前)

本を読んで30分後にかいた絵

本を読んで1時間後にかいた絵


読んだ本

なぜ上手になるのか?

amazonレビューより引用する。(PONPONさん引用させていただきました。)

通常は左脳が表に出ていて、対象を認識すると、シンボル系(単純な記号化、デフォルメ)や固定観念の情報を引き出してしまい、知覚した情報が私たちの知らない所で勝手に変えてしまっているからです。つまり、ありのままの情報が伝わっているのではなく、左脳が勝手に知覚した情報を無意識に変えてしまっているので、見たまま描けないのです。左脳は見慣れたものを、見慣れた形や大きさに知覚を変えてしまうのです。これを「視覚の恒常性」と呼びます。
それとは反対に、右脳モードに入り、ありのままの情報が伝われば、見たまま描けるのです。これがまるで別人が描いたような絵になる理由です。初級者は中級者に、中級者は上級者並みに飛躍的なレベルアップが可能です。それも短期間で。

わかったこと

人は自分の見たいものしか見ない。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

柴田史郎 @4bata

日本一�面白い人事を目指しています! https://twitter.com/4bata

柴田が書いたのnote

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。