【READ ME】レッツゴーぜっつぼー

おはよーございます、八壁ゆかりです。現在時刻は7:47、もう小一時間したら内科に参ります。風邪を引いてしまったようなので。インフルではないことを心から祈りつつ。

このノートは、初の有料マガジンの初記事ですから、抱負でも語りましょうか、いや自己紹介か? 両方いらない気もする。分からぬ。
シミルボンでは鬼のように自分語りをしているので、ここではなるべく避けたいですね、自分語りは得意ではあるんですけども。

んで、タイトルの「レッツゴーぜっつぼー」ですが、これは私が昔好きだったバンドのメンバーさんが言っておられたラインです。初記事にそんなタイトル付けんなや、というツッコミが各方面から聞こえます。
でもええやん、なんかな、これ好きやし、こうでも言わへんとままならぬ状況は日々の生活の中にぽんぽん出現するやろ。

だからといって、別に暗いことやら暗い小説やら詩やらを書くつもりはあんまりないですよ。まだ分かりませんけどね。

「文章が主人公です」

一方、このセンテンスは10年以上前に年上の友人に言われたものです。
つまりね、私自身の存在や在り方などどうでもいいのですよ。これだけ書いといてか、って感じですけどね。

とまれこの記事は、まあ、入り口です。
いっぱい書けたらいいなぁ、いっぱい読んでいただけるといいなぁ、という愛と勇気だけが友達です。何卒よしなに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

励みになります!

いやっほい! スキありがとうございます!
3

掌編小説や詩作

本文はできる限り無料で読めるようにいたしますが、購入していただければこんなに嬉しいことはございません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。