「なんか分析して」と言われた時に取るべきデータ分析の考え方

新規事業の立ち上げ前、立ち上がり期、グロース期と異なるフェーズでデータ分析をしてきた過程で、「カオスな中から意味を見つけてメッセージを発信するためのデータ分析」の大枠の考え方が自分の中で幾分型化できたので、発信してみようと思います。

想定読者は事業会社で戦略-戦術を考えられる参謀的な役割をされている若手で、特にベンチャーの1,2年目の方々はもしかしたら参考になるかもしれません。

*あくまでも事業会社社会人2年目の経験と主観に基づくレポートです。一経験談としてご参照ください。

一応大学院まで統計をやってきているので、分析についてあれこれいうこともできますが、実際そのレベルの統計はBiz.devとしてはそんなに重要ではないというか、できるに越したことはないが、それよりも大事なことがあるということがこのスライドで伝わるとうれしいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!良ければシェア・フォローいただけると嬉しいです!
18

阿部和大

日本を強くてやさしい国にする!│「頑張る人」が報われる社会に│ 新規事業│データ分析│マーケティング│SaaS│人材紹介媒体│営業企画│事業企画│PM│ ジャズダンス│発達心理学│赤ちゃん研究│ LITALICO│Tobii│KEIO Univ│エンカレッジ│開成

後でゆっくり読む

3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。