ストリートのマルタン・マルジェラ -モードな視点からシュプリームを読み解く-

 2018年現在、ファッション界のビッグトレンドとなっているのは言わずもがなストリートである。2014年にデビューしたヴェトモンによってストリートは一躍ファッション界の最前線へと進出し、コム デ ギャルソンのサポートによってゴーシャ・ラブチンスキーはビジネスが成長すると共に、一気に若者たちの間で人気を獲得していく(その後、ゴーシャ・ラブチンスキーは2018年4月に活動終了を発表)。

 ストリートはファッション界の最先端であるモードをも飲み込み、ファッションデザインに多大な影響を生む。キャップ、スニーカー、ロゴプリント、ビッグシルエット。ストリートのキーを、どのブランドも取り入れているのではないか。そう錯覚させるほどのムーブメントだ。

 その勢いは、とうとうラグジュアリーブランドのディレクター職にまで及ぶ。ルイ・ヴィトンはヴァージル・アブローをメンズディレクターに起用することを発表し、デビューコレクションを2019SSに披露。クリスチャン・ディオールは、退任したクリス・ヴァン・アッシュのメンズディレクターの後任としてキム・ジョーンズを指名。キム・ジョーンズは、エディ・スリマンとクリス・ヴァン・アッシュが作り上げてきたロックでエッジなそれまでのディオール オムとは異なる(クリスのデザインはエディとはまた異なる面はあるが)、新しいディオールの男性像を描く、甘く華やかなコレクションを2019SSに発表し、そのスタイルは本来ディオールが持つDNAを体現したかのようであった。しかし、モデルたちの足元を飾るスニーカーは、ストリートのDNAがしっかりと刻まれていた証明であった。

 こうして、ストリートはヴェトモンの登場からわずか4年という短期間の間に、ファッション界のトップオブトップまで到達してきた。そしてそのストリートの世界で圧倒的な支持を得て、ストリートのキングと言える地位にまで昇りつめたブランド、それが「シュプリーム(Supreme)」だ。

 スケートへの関心がなかった私がシュプリームを知ったのは、代官山にシュプリームのショップがオープンした1998年ごろだった。しかし、スケートに関心のなかった私は、その後もシュプリームのファッションに特別な興味を持つことはなく、現在まで続いてきた。

 だが、ここまでストリートがファッション界を席巻し、王者と言えるほどの勢力を増してきている中、その中心となるシュプリームへの興味がこれまで以上に強くなった。

「シュプリームとはいったい何なのか」

 その増大した漠然としながらも強烈な興味が、今回シュプリームについて書くことを思い立った最大の動機である。しかしながら、私はスケートを経験したことがなく、当然ながらスケートボードには乗って走った記憶もない。ストリートウェアについての知識もない。そのような人間が、ストリートのキングについて何が書けるのか。今からストリートについての知識を収集しても、そこには体験が欠けており、限界もある。どうしたら良いか。そこで、私は考え方を改めることにする。

「モードな視点から見て、シュプリームがどう見えるのか」

 それを書くことにした。

 私はヘルムート・ラングを始まりにして、モードに約20年魅了されてきた。その中で培われてきた視点で、シュプリームの「デザイン」を見たら、何が見え、どんな論理が浮かび上がるのか。それを今回書いていきたい。そのようなアプローチなら、シュプリームについて「何か」を書けると思えたからである。また、そのアプローチはストリートに熟知した方たちの書くテキストとは異なる視点のテキストが書けるのではないか、という思いもある。

 今回書くにあたって最も注目した人物は、シュプリームの創業者、ジェームス・ジェビア(James Jebbia)だ。だがジェビア自身、インタビューを受けることが少ないようで、その思考を知る手段が限られている。

 そのため、最も参考にしたのはシュプリームのデザインだった。ここで述べるデザインとは、ファッションそのものと、過去にシュプリームが行ってきたマーケティングも含めている。とりわけ、ファッションのデザインはブランドの姿勢を表すもので、分析材料として最適だ。

 そこから浮かび上がった姿は「ストリートのマルタン・マルジェラ」というものだった。その表現の意味するものとは何か。以下、その解釈についてシュプリームのデザインに触れながら詳細を述べていきたい。

 また、今回試みたことがもう一つある。それはシュプリームの売買価格の構造を推察することである。現在、中古品あるいは未使用品が個人間で売買される二次流通市場で、シュプリームのアイテムは驚異的な価格で取引されている。例えば楽天市場を見てみると、シンプルなボックスロゴのフーディで10万や20万円を超え、有名なボックスロゴのTシャツに至っては100万円を超える驚異的な価格で出品されているケースがある。

「なぜ、何の変哲もないロゴTシャツが100万もするのか?」

 そう疑問を抱く人はきっと多いだろう。もちろん、私もその一人だ。その事実を知った時、思わず叫び声をあげたほどだ。

 今回、私はその驚異的な売買価格の構造にも言及したい。アーティストの作品が何十億という驚くべき価格で売れたというニュースを、耳にしたことのある方もいるだろう。そのアートマーケットと同様の構造が、シュプリームの高価格現象には潜んでいると私には感じられている。そして、それも私にはシュプリームのデザインに思えているのだ。結果的に、シュプリームによって新しい形のファッションデザインが生まれた。その推察についても、今回は述べていきたい。

 モードだけに興味を抱いてきた人間が、シュプリームについて何が書けるのか。今回はその試みである。シュプリームとはいったい何か。その根元へ、私なりのアプローチで迫りたい。

 それでは始めたいと思う。

この続きをみるには

この続き:5,984文字

ストリートのマルタン・マルジェラ -モードな視点からシュプリームを読み解く-

AFFECTUS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは新作のAFFECTUSの出版費用、執筆の活動費に使い、言葉がファッションを面白くする体験をもっと届けたいです。よろしくお願いします。

ありがとうございます。
34

AFFECTUS

LOGICAZINE

メルマガ「LOGICAZINE(ロジカジン)」のアーカイブマガジン。毎週火曜日更新。合わせて過去の有料noteも収録。*1本¥500
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。