珈琲と音楽 . 半分くらいフィクションかもしれません .