描くようになったきっかけ『パパタッチ報道局11』

こんにちは! 藍澤誠です。

今回は新作『ラスカルダズル』の製作過程をアップしながら、私、藍澤誠が絵を描くようになったきっかけを書いていきます。

2018年5月。私はcakesのコンテストに応募するための企画を考えていました。そして思いついたのが

絵に関して素人の父親が、子どもの日常をイラストにしまくるコンテンツ。

本当に面白いのかどうかとか、恥とかためらいとかは脇に置き、思い立ったら基本即日、ひとまず鉛筆でスケッチしました。

▼STEP1 毎回こんな感じで下描きをスケッチします。

久々のスケッチブック。美術の時間みたいでちょっと楽しかったと記憶しています。次に鉛筆の下描きにペン入れをして、余分な線を消すと、そこそこそれっぽい感じに仕上がることが判りました。今回の新作でいうと、下描きは、下のようになります。

▼STEP2 0.5のペンでペン入れ。フレームの大きさを決める。

上のような状態になった後は【STEP3】手もとにある色鉛筆で軽く着色。iPhoneで撮影して、ネットに転送。noteへ記念すべき1作目をアップしました。

▼最初にアップした絵 運動会1週間前のハルキのコメント

あっけないほど簡単に完成したのでご機嫌。調子に乗って間を置かずnoteに2枚目の手描きイラストをアップ

▼第2作目 定点観測。5月5日の思い出をキャプチャー


ところがここで急展開!

この2作目をアップして、ちょっとした自己満足に浸っていたときのことです。コメント欄に私の運命を変える以下のような書き込みがありました。

「場合によっては、下絵を着色しないで線画抽出で取り込んで、細かいスポットを修正してデジタル着色、とかはどうですか?」

ん?!

 いろいろと言葉の意味が解りません(笑)。描くこと自体久しぶりの素人に、「次はデジタルに挑戦しようね♪」というムチャぶり・・・

まったく自信のないまま、この書き込みが「きっかけ第2弾」となり、その日から数日間、試行錯誤、慣れないソフトと格闘することになりました。

まずは下描き。そしてペン入れ。STEP2までは同じです。

▼第3作 おしゃれオムツくん STEP2まで

ここからソフトで編集。何もかも初めてに近かったので、かなり苦労しました。特に線画抽出とレイヤーを使いこなせないのが特につらかったです・・・。

そして――

一部洋服まで肌色に塗ってますし、髪の毛あたりにトーンが残っちゃってますが、初めてのデジタル着色をしたイラストが完成! 

この第3弾イラスト『おしゃれオムツくん』を描き上げた2018年5月25日は、自分の人生が大きく変わった記念日の一つになっています。ナイスなムチャぶりをありがとう、悠凛さん!

* * *

イラストを描き始めた『不純なきっかけ』と、デジタル着色を始めた『ムチャぶりのきっかけ』。

次はどこにどんなきっかけが待っているのでしょう。ちょっと怖いけど、本日の新作『ラスカルダズル』のラスカルとハルキのように、できるだけ澄んだ目で、新しいファンタジーの予感を楽しみにしていきたいと思います。

▼STEP3 デジタル着色。ファンタジックな方向へ進もう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読後📗あなたにプチミラクルが起きますように🙏 気に入ったnoteには投げ銭お願いします😋 定額マガジンの読者も募集中です🚩

豆投げすぎてトミージョン手術
29

『パパタッチ報道局』

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。