見出し画像

アクイレイアのモザイク画

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.84>

グラード(Grado)から、バスで10分程。
アクイレイア(Aquileia)に到着です。

ここバス停? と言うような場所で降車するので、心配な方は、バスの運転手さんに「アクイレイアに着いたら教えて下さい」と、伝えておくと安心です。

この町で、どうしても見ておきたかったのが、こちら!
アクイレイア大聖堂(Basilica di Aquileia)です。

紀元前から、ローマの植民地として栄えた町で、この教会の前身となるものが、その当時からあったそうです。

現在の大聖堂は、4世紀頃から9世紀頃にかけて、修復、増築を繰り返して、完成したもの。
何といっても、素晴らしいのが、この堂内にある床のモザイク画なんです。

古代ローマ時代のモザイク画で、ここまで素晴らしく、しかも保存状態が非常に良いものは数が少なく。
そう聞いたら、これは絶対に見ておかなくては!っと思っていたんです。

大聖堂内は、外から差し込んでいる光が、白い壁をさらに明るく輝かさせ、
澄んだ空間が広がります。

この床が、全部、モザイク画なんです。
保護の為、透明のガラスでしっかりと舗装されいて、部分的にですが、
画の上のガラス道を、歩けるようになっています。
より近くで、モザイク画を見ることが出来るんですよ。

モザイク画には、当時の様子が描かれているので、とても面白いです。
こちらも、そのひとつ。
多くの魚と船(ゴンドラ)が描かれていました。

色鮮やかな石を、ひとつひとつ敷き詰めながら描く、モザイク画。
保存状態が本当に良くて、見飽きることもなく、その絵ごとに感動していた私。
あっという間に、時間が経ってしまいました。
今でも、あの「鮮明さ」を思い出します。

そして、奥に進むと、フレスコ画で描かれた祭壇画もありました。

ふと、トルチェッロ島(ヴェネツィア)で訪れたサンタ・マリア・アッスンタ教会(Cattedrale di Santa Maria Assunta)の祭壇を思い出したりして。

トルチェッロ島の教会は、輝かしいモザイク画の祭壇。
一方、アクイレイアのは、少し色褪せたフレスコ画の祭壇。
全く違うのですが、それぞれ、なにか通じるものを、私は感じました。
長い歴史でしょうか。

教会を堪能した後は、アクイレイアのメインストリートを散策です。
ローマ帝国時代につくられた都市・アクイレイア。
その遺跡も残っています。

古代ローマ時代の邸宅跡。

フォロ・ロマーノ(Foro romano)。

古代ローマ時代の町の中心地跡です。
ローマと比べると規模は小さいですが、その時代、ここが活気溢れる町の
中心であったことが、2000年以上経った今でも、分かります。

ブドウ畑に、藤棚。
緑が美しいです。

アクイレイアの空気を吸いながら、ふと時計を見ると、帰りのバスの時間が近づいてきました。

さあ、トリエステに帰りましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie !感激です!✨
7

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記、アルベロの活動、美味しい情報を記録として綴っていきます。 アルベロレシピ集マガジンも作成予定です。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/

イタリア旅行記(北部)

ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州、ロンバルディア州、ヴェネト州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ=ヴェネッツィア・ジューリア州、エミリア=ロマーニャ州。  現地を歩いて、見て、食べて。  レストラン&ホテル&お薦めスポット記事のみ有料です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。