甘い泥

夢はもう見たくないのに
自分で制御できない
オートマチックな世界であるから
また目覚めて途方に暮れる

だとすれば
暫くは
その甘い泥に埋もれているしかない

思考を囚われ
赤い車を走らせながら
泥の甘さを愉しんでいることに気がつき
おのれに苦笑いをする雨の宵。

#詩 #散文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

駄文にお付き合い下さり、有難うございます♡感謝感激雨霰
21

wackeychicks

誰も私を知らないところで、書いてみたくて。綴りたいのは、毎日のこと・こどものこと・埋もれそうな昔のこと。

日々

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。