CTOがPOを兼ねるということ

「CTOとPOって両立するんですか」

この質問は数ヶ月前、自分がPO(プロダクトオーナー)をやり始める時にメンバーから聞かれた質問であり、自分自身でも悩んだ疑問だった。その時自分なりに出した答え(当時はまだただの仮説)はあまり間違ってなかったと今思って、言語化してみた。

POは何色か

まず、プロダクト(ここではソフトウェア・プロダクトを指す)を作る上で必要な要素はよく言われるところではテクノロジー・デザイン・ビジネスの三つ。三つが良い感じに綱引きし合って、その問題解決ドメインにとってちょうど良いバランスを保ちながら「プロダクト」という形で出荷されていく。

「課題をかき集め、プロダクトバックログという形で積み上げ、適切な優先順位に並べ、出荷物が顧客の課題解決になっている事を担保する」ってのが超ざっくりとPOの仕事。ぶっちゃけ全部定性的です。どれぐらい先の時間軸で物事を見据えてるとか、どういう価値観を持ってるか、とかでここのアウトプットは全然変わってくる。言い換えると、プロダクトバックログに客観的な正解なんてない

するとどうなるかというと、POという人の主観性(価値観、こだわり、危機意識)がジワジワっとプロダクトバックログに滲み出てくる。これがPOの色

そんじゃー俺は何色か?というと、やっぱCTOだしテクノロジー色を持っちゃってるわけですね。テクノロジー色という事は例えば:
・運用効率化を重視したり
・技術の先行投資もしたり
・アウトプットの再利用性や汎用性を意識したり
こういった価値観を持ってる事になる。そしてこういった色はいま自然とFammのプロダクトバックログに滲み出てる気がする。

テクノロジー色の重要性

自社のプロダクトがソフトウェアベースならテクノロジー大事だよね、ってのは当たり前中の当たり前。そんな中、テクノロジーへの投資が見当違いにならないように細心の注意を払うのって結構大変だとCTOを7年やってきてすごく思う。

ビジネス色が強すぎる会社やPOの場合:
そもそもテクノロジー軽視される。リファクタリングや運用観点が後回しにされる。まぁよくある話だよねと。

現場エンジニアに媚びすぎる会社やPOの場合:
逆に「エンジニアを大事にしよう」っていう場合。根源の考え方は素敵なんだけど、その結果狭い視点の意見まで鵜呑みにしてしまうリスクがある。例えば「PHPイケてないから、新規開発すべて止めてシステム全部リプレイスしましょう」と言われた時に適切に議論ができるか?
その他、費用対効果の悪い汎用化・共通化や、新しすぎるOSS導入など、ちょっと危なっかしい判断が出た時にきちんとそれを評価し意思決定(やるやら)できなければいけない。

上記のような二つのケースは極端だが、こういった技術投資方向性に適切に意思決定のガイドをするのがCTOの仕事だと思ってこれまでやってきた。その結果上手くいった事もあるし、上手くいかなかった事もある。
んで自分のCTOとしての悩みは、「意思決定のガイド」というのは実態としては各ステークホルダーへの説得や納得でしかないという事。CTO自身にプロダクトバックログの意思決定権は無いわけだから。説得や納得が上手にできると意思決定は良い方向に傾くし、下手だと「そっちはマズイぞー」という方向に意思決定が傾いてしまう。
そんなモヤモヤに対する解が「自らがPOになり、プロダクトバックログの意思決定権を持つ」という事だと思い、POのポジションに就く事にした。

「POになったのはCTOとしての職務を全うするため」と言っても良いのかもしれない。

ただ、これは相対的にビジネスやデザインなど他側面の責任を負っている人間が意思決定権の機会を失いかねないという事でもある。なので、バランス感覚が本当に大事になってくるのである。

でも色が強すぎちゃダメ

CTO兼POになったからといってテクノロジー色が強すぎちゃ絶対ダメ。最初に言ったプロダクトの構成要素の綱引きで「テクノロジー」がバカ勝ちして顧客が幸せにならないならそれは完全にアウト。

俺は元々ビジネスが好き(Quarterあたり3-40社の会社のIR資料を読むのが趣味)だし、昔はWebデザインもやっててUIやデザインの事を考えるのも好き。そして何より、自分の考えに常に適度な懐疑心を持ってる。それっぽい言い方してるけど言い換えると「適度に自信がない」って事なんですけどね。
適度な懐疑心があると、ちゃんとカスタマーサポートの人たちや、QAで常日頃からアプリを触ってる人たちや、コードと毎日向き合ってるエンジニアの人たちや、数字とお金の事を常に考えてくれてるビジネスサイドの人たちの意見をちゃんと吸い上げようという気持ちになれる。そうしないと不安だから。

みんなの意見や課題を吸い上げ、まとめ上げ、ほんのちょっとだけ自分の色のスパイスを加える。それが最高のプロダクトのバックログだと信じてCTO&POを日々やってます。

——————————

普段からTwitterで技術や組織、あと海外のTech記事を訳してシェアしてます。Twitterの方が更新頻高いので、もし良ければフォローしてください。
https://twitter.com/amado_tech

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18

あまど | Timers inc. CTO (家族アプ...

Timers inc. Co-founder & CTO | グローバル家族アプリ Famm を運営するスタートアップ | Forbes 30 Under 30 選出 どんな会社?って思ったらこのスライドをご覧ください→ https://bit.ly/2vTWE88

#エンジニア 系記事まとめ

noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。