ふつうの話

ふつう01
ふつう02
ふつう03
ふつう04 普通についての話です。4/2は世界自閉症啓発デーで、シンボルカラーの青を身につけたりするとよいのだそう。ということで、コウと私の服を青系に塗りました。その後、「ニセのお母さん(コウ談)」は逃げていって現れなくなったそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

コーヒーを飲みに行ったり本や苗を買ったりすると思います。

ありがとうございます。
109

sato

ASDとADHDの主婦です。同じくASDとADHDの子供に「僕の出てくるマンガ描いて」と言われてマンガを描いてます。 https://twitter.com/ame_satoko

コウと私

私と子供のマンガです。
4つ のマガジンに含まれています

コメント5件

なるほど。それは辛いだろうと思います。私は、実際に体験したことが脳内で繰り返し再生されることはありますが、人格を得たように暴れまわるということはそうないようです。

akatokioさんには失礼なことかと思うのですが、「この子の感覚凄い分かります。」という言葉は、『コウも人生のどこかで「分かる」をくれる他人と会うのかもしれないな。』という予想を抱かせてくれるもので、ありがたいという気持ちになりました。ありがとうございます。

脳内の人からのダメージが今後軽減されますように。長文失礼しました。
ありがとうございます!

全然失礼じゃないですよ!むしろその前文だと「分かるなんて軽々しく言わないで下さい」って言われるのかもと思って、軽率だったかなと想像してました 笑

こういう感覚が分かる人は結構いると思いますし、satoさんが情報を発信されているからこそ得られるものだと思います。
それがそのままお子さんへの愛情に繋がってるようで、見てて凄く良いなって思います。
学校でも職場でも「普通こうするだろ」と怒られて、そう言われても私は私の普通でやっているのに。普通の人の普通が分からず出来ず、1人泣いてました。あの頃の私に読ませてあげたいと思いました。ずっとつっかえて苦しい気持ちが、すうっと楽になりました。ありがとうございます。
こちらこそ、ありがとうございます。気持ちが楽になる人がいるのはうれしいです。普通・・・社会のランニングコストを下げる便利で強い言葉なのに、個人の感覚としても語られる、不思議な振る舞いをする言葉だなと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。