「物忘れ」が始まったら遺書を準備?(汗)


 「物忘れ」。65歳以上の高齢者の1/3は、「物忘れ」から始まる軽度認知障害かアルツハイマーなどの認知症患者といわれています。

 軽度認知障害は、アルツハイマーなどの認知症の入り口です。この段階でしっかりと手を打てば、認知症を防いだり、次期を遅らせる事が可能。

軽度認知障害の特徴
物忘れが多くなる
②以前と行動パターンが大きく変化する
③趣味の時間や人との接触が減る

 本人もですが、周囲が気づくことが大切ですね。

 アルツハイマー病の場合、
①物忘れが多くなる
②食事や着替えができにくくなる
③歩いたり立ったりすることができにくくなる
 と、どんどん進行悪化してゆきます。
 しかも、現状の「薬では進行を遅らせる事しかできず、副作用」もいろいろ(汗)

 特に「若年性アルツハイマー患者」には悲惨な未来が(涙)

 アルツハイマーの場合、仕事ができなくなっても、ボランティア活動などを行うと進行を抑える効果も期待されています。




■「楽に生涯・健康ダイエット


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです。
5

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。