見出し画像

1985年にアニメ好きだったあなたへ。

なんでも請け負うトラブル解消請負機関・WWWA(スリー・ダブリュー・エー)に所属するケイとユリの女性コンビが、宇宙を舞台に活躍するアニメ。

月曜19時にやっていた「ダーティペア」観ていましたか?

久々に引っ張り出してきた

例えると「ふたりはプリキュア」の2人が「銀魂」の万事屋的な仕事で、わちゃわちゃする感じのアニメ。それが「ダーティペア」です。

基本1話完結で小難しい設定はなし。どの話から観てもケイとユリ、2人の主人公がどんな出来事に巻き込まれるのか?をワクワクしながら観られる作品。

…しかし、実際には24話で打ち切られました

放送時の最終回24話は最終回感ゼロ。後にOVAで出た25話、26話にも最終回感はない(いくらでも続編を作れる設定だから!?)。

当時を知らない自分としては「ルパン三世」のように、いま現在も新作が作られてもおかしくないのでは?とずっーーーと思っています。

さらにネット上にはこんな記述も。

1985年度の徳間書店主催のアニメグランプリでは、同年に放映された話題作「Zガンダム」を抑えグランプリ作品部門で第一位を受賞するなど、当時のアニメファンに圧倒的な支持を受けた作品です。

なのに打ち切り!? 

ダーティペア スーパー・パーフェクト・ムック(スゴい名前)のインタビューによると、視聴率は10%前後だったそうな。

1985年 月曜19時に視聴率10%前後は、そんなに低いのか?厳しい世界。

そういえば小学生のころ、コスチューム的にセーラームーンを観るのが恥ずかしかった。当時の小中学生も同じ理由で、気にはなっても月曜19時に家族でダーティペアを観るのが恥ずかしかったのかもしれない。知らんけど。

ちなみにwikiによると「機動戦士Zガンダム」は、土曜17時30分で関東地区の平均視聴率6.4%最高視聴率は11.7%、キー局である中京圏の名古屋テレビでは、関東地区よりも高い平均視聴率12.3%、最高視聴率は17.7%を記録とある。

地域差はあれど、ダーティペア…そんなに悪くない数字では?

しかも後にOVAとして25話と26話、ダーティペアの大勝負 ノーランディアの謎が発売。劇場版公開後も1987年〜1988年にOVA作で全5巻10話、1990年にも謀略の005便という作品が発表されている。
※別途キャラクターが異なるダーティペアFLASHも存在。

改めて当時を知らない自分としては「ルパン三世」のように、いま現在も新作が作られてもおかしくないのでは?と思うのです!!!

ダーティペア スーパー・パーフェクト・ムック(スゴい名前)では「当初から2クールの仕事」と、サンライズのプロデューサー 吉井孝幸さんが答えている(他のスタッフさんは打ち切り打ち切りと書いてるけど)。よく分からない。

そんなダーティペアのBlu-rayボックスが12月に発売されます。

なんだこのスゴい画質は!?しかも頓宮恭子(ケイ役)×島津冴子(ユリ役)の新規オーディオコメンタリー収録!?欲しい!!!」…と、思いつつDVDを観ていたら書きなぐっていました。

TVシリーズには平成仮面ライダーの脚本家でお馴染みの?井上敏樹さん回もあります。

平成ライダーでは「苦手だな…」と感じる脚本なのですが(笑)ダーティペアのはわりと好きなのが不思議。というわけで、強引な気もしますが平成ライダー/井上敏樹さん好きにもおすすめの作品です。第1話「コンピューターの殺し方教えます」はバンダイチャンネルで無料配信中!

個人的にキャラ、デザイン、ストーリーなどなど…TVシリーズが1番好きなので、TVシリーズ準拠のダーティペア!復活してほしい!!Blu-ray発売を機に盛り上がってくれ!!!

とくにラブリーエンゼル号はTV版がいい

今日の点取り

それは間違いないけど、なんだその伝統工芸親父のイメージ。ただの会社員やぞ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

apyapon

気軽に気楽なアウトプット。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。