最新戦法の事情【豪華版】(2019年7月・振り飛車編)

どうも、あらきっぺです。

タイトルに記載されている通り、振り飛車の将棋を見ていきましょう。なお、前回の内容は、こちらからどうぞ。

なお、当記事の注意事項については、こちらをご覧くださいませ。


最新戦法の事情 振り飛車編
(2019.6/1~6/30)


調査対象局は74局。それでは、戦型ごとに見て行きましょう。


______________________________________________

◆先手中飛車◆


13局出現。出現率は約17%で、5月と比較すると半減しています。これは、やはり後手超速に苦慮していることが最大の原因と考えられます。


中飛車側は▲6六銀型で対抗したり、▲7八金・▲6八銀型で対抗したりするのが主な対策ですが、どちらも攻めの形が作りにくいという問題点を抱えているので、なかなか満足のいく展開にはなりませんでした。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

そのような背景があるので、中飛車側はそれらとは違う形を模索するようになりました。(第1図)


2019.6.17 第32期竜王戦4組昇級者決定戦 ▲黒沢怜生五段VS△千田翔太七段戦から抜粋。

この続きをみるには

この続き:8,483文字/画像28枚

最新戦法の事情【豪華版】(2019年7月・振り飛車編)

あらきっぺ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後ともよろしくです!

お力になれば幸いです。
9

あらきっぺ

元奨励会三段。「あらきっぺの将棋ブログ」を運営している人。 https://arakippe.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。