Tomoyuki Arasuna

株式会社ベイジ( https://baigie.me/ )のUX/UIデザイナー荒砂智之です。 日報の一部をnoteでも公開しています。 ベイジの日報 https://baigie.me/nippo/ 個人ブログ http://tomoyukiarasuna.com/

忙しい共働き夫婦でも実践できる!一生想い出に残るお昼寝アートの作り方

2017年に子どもが生まれて以来、私は1年間にわたって継続していたことがあります。それが「お昼寝アート(別名:おむつアート、寝相アート)」をです。眠る子どもがまるで絵本の中のにいるような写真、一度はご覧になったことありませんか?

この世に生を受けて1年目の姿をできるだけ素敵な形で残してあげたいという気持ちから、1歳の誕生日を迎えるまでこの写真を撮り続けようと夫婦の間で決めました。しかし我が家は忙

もっとみる

デザインチームのリーダーとして経営に貢献するために私がやっている8つのこと

ここ数年、デザイン組織の作り方に関する話題が増えてきました。web制作会社である私たちベイジでも、以前よりデザイナーを中心とした組織設計に力を入れており、各所で語られるデザイン組織に通じる取り組みを色々と行ってきました。特にデザインチームを統括する私のようなリーダーには、その働きがしっかりと経営に貢献するような流れを作り出すことが求められます。そこで今回はそんな私がデザイン組織を作る上で実践してい

もっとみる

エスカレーターで見た言葉にwebコピーライティングのヒントが隠されていた話

皆様、本日の日報を提出いたします。
---

私が勤務するweb制作会社ベイジの最寄駅で、いつも利用する下北沢駅のリニューアル工事が着々と進んでいる。ここ数年その工事は佳境を迎え、駅構内の表情も時間の経過と共に刻々と変わっている。そんな中、小田急線のホームから改札階に上がるために新設されたエスカレーターでとある発見があった。

エスカレーターでは事故を防ぐために手すりを持つことを強く推奨している。

もっとみる

「個人的には…」という言葉の使い方が上手な人と下手な人の違い

皆様、本日の日報を提出いたします。
---

我々デザイナーが働く制作の現場で「個人的には…」という言葉をよく耳にする。この言葉の使い方について、常々疑問と違和感を覚えていたので、少し腰を据えて考えてみたい。

私はこの「個人的には…」という言葉は、合議の上で何かを決定する場では使うべきではない、というか、使う必要が無いと考えている。なぜなら、その前置きが無くとも全ての意見は個人的な経験や判断に基

もっとみる

貴重な経験を無駄にするデザイナーが必ず見落としている一つの視点

皆様、本日の日報を提出いたします。
---

人の思考の深さは「物差し」に例えられる。物差しとは言わずもがな、長さを測る道具のことだ。人それぞれ自分の物差しに刻まれた目盛で、これは長い、これは短い、といった判断を下す。

我々デザイナーにも物差しがある。経験が浅いデザイナーの目盛が1cm単位で刻まれているとすれば、経験の多いデザイナーの目盛はもっと細かく1mm単位で刻まれている、と例えてもらえれば

もっとみる

「継続は力なり」という言葉の真意は早いうちに理解しておいた方が良い

皆様、本日の日報を提出いたします。
---

継続は力なりという言葉がある。何かを継続したことでひとつの成果を出して成功体験をつかんだ人は、この言葉の意味を実感する。

しかし、この言葉を妄信してただただ「継続」することを目的にしてしまう人がいる。「継続し続けているのだから、焦らなくても結果は出る!諦めずに頑張ろう!」と考える人だ。こうした人はかなりの確率で意味を誤解している。

「継続は力なり」

もっとみる