“オトナもコドモもみんな自由” を認め合える、大きなおうちのような空間「asobi基地キャンプ」

asobi基地キャストのやよいです。

普段は、神奈川県で、森のようちえんスタイルの、認定乳児小規模保育園で働いています。

asobi基地には、2015年の春から関わらせてもらっていて、この春からは、地元・神奈川での開催を増やしていきたい!と、活動中です。

神奈川県は、海と山がすごく近いところが魅力なので。

アウトドア要素の強い活動もいろいろできる!と目論んでいます。

“しなければならないこと” が一切無い、asobi基地キャンプ

『ここはオトナもコドモもすべての人が平等です』な、asobi基地のキャンプですから。

オトナもコドモもみんな自由で、しなければならないことは無いのです。

私は外で過ごすのが好きで。

木漏れ日がいいなーとか、今日の風はこんなにおい!みたいな時が、好きなのですが。

同じ空間にいても、そこでの楽しみ方は、ひとそれぞれなんですよね。

オトナもコドモも、思い思いに過ごす

3日間、ずっと、シャボン玉を飛ばしている子もいるし。

お母さんと、ずっと、ハンモックで寝ている、小さい子もいて。

ずっと料理をつくってるお母さんもいれば、子どもたちとずっと野球をしているお父さんもいて。

持ってきた漫画を、のんびり、ハンモックで読む子もいるし。

去年会った子と、ずっと虫取りに出かけてる子もいる。

それぞれの時間を過ごしながら、おいしいごはんや、何気ない会話。

その時!ならではのもので、さりげなく、確実に、つながりあえる。

そんな時を持つことを、みんなで認め合えている、大きなおうちのような空間が、asobi基地キャンプなんです。

そんな、それぞれらしさを、存分に発揮し、認めあえる時だから、ここちよくて、また行きたくなるのです。

素敵な自然に溢れた八木キャンプ場に、自分たちの手作り小屋があれば……

そんなasobi基地の夏キャンプのフィールド、八木キャンプ場は、星がきれいで。

川からの風が涼しく。

緑豊かな山に囲まれた。

とても素敵な場所なんです。

そこに手作りの小屋がたったら、みんなの我が家感がより増していく!と、わくわくします。

みなさんもいっしょにasobi基地小屋をつくって、asobi基地の『おうち』感の仲間に、一緒に入りにいきましょう!

(文/asobi基地キャスト山本 弥生)(撮影/bird and insect Ltd. 林 裕介)

“asobi基地小屋” クラウドファンディングへの参加、ご支援は、こちらから!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

asobi基地

【達成】asobi基地小屋を作ろう【クラウドファンディング】

「asobi基地キャンプ」のホームグラウンド「八木キャンプ場(静岡県川根本町)」近くに、みんなの力で “asobi基地小屋” を建てたい!手作りとなる小屋の、建設資材費、輸送費ほか諸経費調達のため、クラウドファンディングを実施いたします! おかげさまで、達成率116.86...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。