GO_Amamiのコピーのコピー

GO奄美!雨ドライブのち島料理 ~南部と中部~篇

奄美大島での”なにもしない贅沢旅。北部、中部、南部に分けて旅レポするよ。中部篇はこちら。

ホノホシ海岸

宿で仲良くなったお客さんと目的地が同じで、その人はバスで向かおうとしてたんだけど、せっかくだしクルマ乗ってきますか?と一緒に名瀬に向かうことに。お互いに雨でやることがなくなってしまったので、昨日と同様ドライブしながら寄り道していきました。

旅は道連れ・・・というけど、こういうの実際やるの初めて!

宿の近くに絶景スポットがあると聞いて、行ってみる。こういうスポット情報は現地の人に聞くのが一番いい。

画像2

駐車場から海まではちょっと歩く。

見てこの晴れ間!雨止んだの!

この広場におばちゃんが2人いて、しゃがんで何か採ってたんだけどちょっと離れてたから声かけず、ちょっと雨パラついてるけど、海の方へ。

画像4

草むらをくぐりぬけると視界がひらけて、海ーーーー!!

と思った瞬間に事件発生!!

雨いきなりめっちゃ降ってきたーーー☔


せめて写真もう一枚・・・

画像3

慌てて撮りすぎて、ホノホシ海岸の文字見切れた。

スマホをカバンにしまい、雨宿り場所をきょろきょろ探すも、海と草しかない。屋根になるものは一切ない。笑う。

いや、まあ、いうても、通り雨っしょ。すぐ止むっしょ。

とか楽観的になりながら、駐車場へ戻ろうとするも、全然雨弱まらない


もう全身びしょ濡れ。笑うわー。

広場にある屋根付き休憩所に一時避難したら、さっきのおばちゃん2人も雨宿り。

「あー、あー、そんなぬれちゃって。雲と風を読まなきゃだめよ

「風を読む・・・?」

「雲がかかってきたら雨降るから、空ちゃんと見とかないとね。着替え大丈夫?うち、隣の集落だけどよかったら着替えに来る?」

優しい。なるほどー。空を見る習慣は確かになかった。しかも折り畳み傘をクルマに置いていくというヌケっぷり。完全に晴れてたんですもの!

おばちゃんちはちょっと離れてそうだったので、ご厚意は気持ちだけ受け取ることにして、さっき何を採ってたか聞いてみたら、明日葉を採っていたと。明日葉の天ぷらおいしいよね。ここは明日葉スポットらしい。

もう一つ教えてもらったのは、このホノホシ海岸は丸い石が有名だということ。

なんですと・・・!

海岸の写真を見直してみましょう。

画像4

よくみると、確かに丸いっぽい。

が、そんなことに気づくほど、この場所での時間はなく、雨でそれどころじゃなかった。雨結構強くて、ひょうが降ってきたのかと思うほど、体に雨が突き刺さって痛かったし。

そもそも、ビュースポットとは聞いてたけど、丸い石の情報は知らなかったから気づけなかった説あるけど笑

詳しくはこの記事読んでください笑


せとうち海の駅

びしょぬれになったんだけど、不幸中の幸いは、下に来ていたのが水着だったこと!

駐車場じゃ着替えられないから、とりあえずクルマにビニール袋引いて、その上にタオル引いてしのぐ。南部の港である古仁屋へ。

古仁屋のせとうち海の駅に立ち寄り、トイレで着替える。プール入った後のような疲れと眠気に包まれた。なんだか懐かしいやつ。

ここから、加計呂麻島などへ行く船が出ているんだけど、悪天候により全便欠航。加計呂麻島も素敵な場所だときいたので、こんと奄美きたら加計呂麻まで行こうと思う。

雨に動揺して、一枚も写真撮ってないや笑


宇検食堂で油そーめん

名瀬に行くまでに宇検経由のルートに。地図の形通りの海辺のくねくね道や、台風通過した後の山道

画像5

なかなかこんなに枝や葉っぱが散らかっている道を通ることはない。クルマもすれ違ったのは5台くらい。

そして向かったのが宇検食堂

クルマ乗せるお礼におごっていただく

画像6

画像7

この油そうめんが美味。

ソーメンチャンプルーみたいな感じの奄美名物。油もそんなにしつこくなく和風だし。

この近くに焼酎酒造があるから、行ってみたんだけどお休みだった。

水色の瓶の「れんと」を作っているところ。

あとは小さいお土産屋さんに立ち寄り、、そのほかは特にスポット的なものがなかったので、名瀬へ。


名瀬の町へ

名瀬でお別れし、ホテルで一息ついて、ぬれた服をじゃぶじゃぶ洗って、まだ飲んでなかったオリオンチューハイを。

画像8

雨に濡れたせいか、運転のせいかつかれた~~~

一休み。


友達に教えてもらったお店でごはん食べにいくことに。

画像9

画像10

喜多八というお店。

奄美の島料理たべるならここ!ということで、予約しないと入れないほどの人気店だとか。メニューはなく、お任せコースで飲み物も込みで4000円ほど。

入れるかな~台風だからすいてるかな。

入れた!!

大学生か社会人1~2年目くらいの若いグループが先に入って盛り上がっているのを背に、1杯目から焼酎を頼む。まんこいって、ニシノコンサル出てたやつだ!とか思いながら。

画像11

飲み物は一人5杯までにしてください。と書いてあるけど5杯までなら何でも飲める。黒糖焼酎はじめビールもソフトドリンクも。

後ろのグループが、「ソフドリのシークワーサーください」と頼むと、お店のお姉さんが「ソフドリってなに~?」「あ、ソフトドリンクのことそう言うのね~」とやり取りをしている。

お任せコースってお店が選んでその日のメニュー決めてくれているわけなので、選ばずともおすすめが出てくるところがいいと思った。

お姉さんが奄美のガイドブック、よかったら読んでと渡してくれたのでそれをめくりながら。

画像13

お通しで出てきたポテサラからはじまり、どんどん出てきます。冬瓜の酢の物、島らっきょ、ゴーヤーチャンプル。

画像13

待ってました!つぶ味噌!!!!つぶ味噌好き!

焼酎2杯目。まんこい飲んでみた。

カウンター一人で焼酎飲むとか、なんか大人になったな~とか、勝手に浸ってみた。東京でこれをやるのとは違う気がする。お店の人があったかい。

いや、実際東京でも名古屋でもお店の人はあったかいのかもしれない。自分が閉じてるだけで。旅行という非日常で開放されてて、時間に追われてなくて、余裕があるからそういう関わり方ができてるのかもしれないなと。

一人分とはいえ、ボリューム満点。

画像15

冬瓜のスープ美味しい~~~優しいし、やわらかいし~~癒し。

画像15

きび酢ソースが敷かれたおつくり。醤油につけて食べるのとは違いさっぱり!

画像16

炊きもの。おいも一個丸ごと入ってて、そろそろおなかがいっぱいに。。

画像17

黒糖焼酎仕込みの梅酒。梅酒久々。うまい。

〆は油うどん。お昼にたべたソーメンのうどん版。焼うどんなんだけど、面がソーキそばみたいなのを使っている。

写真撮り損ねてた!

お姉さんが食べれなかったら残していいからね、と一言言ってくれて助かった。全部おいしい!ほんと全部!ただ胃のキャパが追い付かない。

喜多八オススメ。


奄美パーク

中部というか若干北部だけど、美術館併設の奄美パークに看板につられて立ち寄る。

お店やってなくて食べられなかったラフォンテのアイスクリームが売っている!しかも奄美パーク限定味!

画像18

よかった~~食べれて。

木のスプーンまでかわいい。

黒糖ソルト美味しかったよ~~

画像19

旅レポというより食レポになってしまった。。


雨でも島料理や焼酎を堪能して、何もしない時間の豊かさを見つめ、のんびり休めた時間でした。

ということで奄美編 終了!!!

『GO奄美!シリーズ』 ~完~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださりありがとうございます!サポートいただいたものは本を読んだり、いろんなところに足を運ぶのに使わせていただきます!

うれしい!ありがとうございます!
8

あつみ

メーカーで商品販促を担当。好奇心旺盛。思い立ったらすぐにやってみる。 読んだ本の感想や、旅行記を書いていきます。 マーケティング・広告・コミュニティ・組織論が多め。 笑顔で楽しくがモットー。さとなおラボ十期。

旅レポ~奄美大島~

3泊4日ノープランで一人旅。台風で海入ったりカヌーしたりはできなかったので、のんびりドライブして、焼酎のんで何もしない旅。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。