刀剣乱舞を全く知らなかったオタクが『映画刀剣乱舞』がめちゃくちゃ面白いという話をする

映画刀剣乱舞これまでのあらすじ:織田信長、本能寺にて自刃す。後の世において「本能寺の変」と呼ばれる歴史の転換点において、遥か未来より歴史修正主義者が時間遡行軍を差し向けた。彼らの目的は過去の改変。時の政府により歴史の守護を任された審神者なる者は、その邪悪な陰謀を阻止すべく命なき刀剣に人格を与え「刀剣男士」として目覚めさせ、彼らを過去へと送り込む。その先で隠蔽された闇の歴史が眠っているとも知らずにーーー。

はっきり言って『映画刀剣乱舞』めちゃくちゃ面白くて最高オブ最高だったとしか言いようがなかった訳ですが、本当に面白かったんだから仕方がない。それから落ち着いて聞いて欲しいんですが、わたしは刀剣乱舞についての知識は全く無く、キャストの情報も何も知らず、脚本に仮面ライダー作品の人がいるということしか知らない状態で映画に臨んだ特撮オタです。マジです。


この映画の素晴らしい点の一つが刀剣男子のキャストなんですけど、わたしは2.5次元というものを甘く見ていた。それぞれが役を演じるというより、それを完全に血肉としているので役への入れ込みっぷりがヤバく、ほぼ本人のパーソナリティそのものと化しており、アニメや漫画の実写化と呼ぶには演技のリアリティがすごい。特に三日月宗近のジジイ演技は神懸っており、マジで老人の人格を下ろしているようにしか見えず演技というより能や歌舞伎的な神降ろし日本芸能じみたレベルまで至っているのでは???

そしてこれは完全に不意打ちだったんですけど、日本号演じる岩永さんが開口一番から伊達明にしか見えず、最高にテンションが上がりました。それから薬研藤四郎の短パンがめちゃくちゃきわどく「そんなに股開いて大丈夫???」とか「太ももきれいすぎ……」とか訳が分からない感情が高まりこれは本当にいけない。そんな刀剣男子の脇を支えるキャストも一切手抜かりなく、信長に秀吉、審神者もかなり当たり役、というかおじいちゃん審神者と三日月宗近のジジイトーク最高なので語彙力が本当に最低レベルになる。

キャストだけでなく、時間遡行軍のデザインが特撮怪人に引けを取らないクオリティでおどろおどろしくもカッコよく、どうやら舞台の時点でガチだったらしいアクションシーン、というか殺陣も素晴らしく、刀の知識ゼロでもそれぞれの刀の個性を生かした戦いっぷりが十分に感じられるので観ていて本当に気持ちがよかったです。太刀だとブゥワー敵を薙ぎ払ったりパワープレイ重点だけど短刀は手数と小回りの良さを活かした機動戦重視で戦い方、キャラ個性、それぞれの刀の区分が完璧にマッチしていてすごい。時間遡行軍の大太刀もボスの風格がずば抜けていて、今期最高オブ最高悪役怪人枠のダークホースに躍り出ておりマジで最高。


で、映画刀剣乱舞を観たときの衝撃を受け方が、EXILEに全く興味がない状態で観た『HiGH&LOW THE MOVIE』と全く一緒で、両者を比べると「一見漫画アニメのような荒唐無稽なキャラ造形を役者の個性を活かすことで実写に圧倒的リアリティを持たせる」「突っ込みどころ満載なトンチキな設定を散りばめろくに説明せずに物語を進行させる(歴史修正主義者とか時間遡行軍とかそういうの大好き)」「先述の設定が好意的ポイントに変わるくらい作品にのめり込める死ぬほど熱くてカッコいいアクションシーンと何より顔の良さ(これ本当に本当)」が共通点として挙げられ、詰まる所ハイローにハマったオタクは映画刀剣乱舞にも間違いなくハマれる素質がある。これはマジです。


実写映画化、かなり抵抗ある人いると思うんですけど、『映画刀剣乱舞』は本当に面白く、逆に一切知識なしで観てもおつりがくるくらいのエキサイトが得られる最高のエンターテインメント映画です。というかはたから見ても原作再現率というか、隙間に垣間見える本質的なものが鬼気迫るクオリティなのが十分分かるのでノー知識で観てこれだったら審神者の人はマジでヤバいのでは???

2019年始まっていきなり素晴らしい映画に出会えました。ありがとうございました。マジで面白いぞ『映画刀剣乱舞』


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!💫🐳🙏
127

azitarou

映画のおはなし

主にわたしが、興奮する映画について語っている小話集です。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。