日常に恐怖の彩りを添えるホラー映画3選

オカルトから殺人鬼、ゾンビやコメディまで、いろんなタイプのホラー映画が好きですが、見てて特に怖いなって思うのは、より日常に近いシチュエーションのもの。毎日の生活で、そのときの恐怖を思い出してしまうタイプです。
今回はそんな、ふと思い出して怖くなれるホラー映画を3つ紹介します。

1.呪怨(劇場版)

2003年/監督・脚本:清水崇/出演:奥菜恵/103分

みなさんご存じ伽椰子with俊雄くんの劇

もっとみる

興行収入 天気の子は16億突破、トイストーリーは40億突破そしてアラジンは100億突破

天気の子公開から3日間の興行収入が発表されました。

流石、新海誠監督の新作天気の子

トイストーリー4 という化け物タイトルを抑えて首位です。流石ですね。

3日間の興行収入は16億円です。

前作の君の名は。は累計20億程度が大目標だったという事で、その目標を公開1週間で越えるのは確実な状況というのが

新海誠監督は本当に国民的なアニメ監督なのだなと実感します。

予告編を見るだけでも面白そう

もっとみる

『天気の子』&『暁闇』

仕事終わってからTOHOシネマズ渋谷にて新海誠監督『天気の子』を鑑賞。ほぼ満席だったのかな、二十代前半や十代後半もかなりいた感じだった。
正直な感想を言えば、この映画はまさしく今の日本そのものだ。地獄だった。川村元気という僕らの世代のトップ中のトップクリエイターが『君の名は。』で新海誠監督のフェチや変態性を毒抜きしまくったら大ヒットし、川村元気が『電車男』から始まったように、もはや「セカイ系」は当

もっとみる

僕たちは、10年ぶりに「映画の歴史」が更新される瞬間に立ち会えたんだ

ついに、この時が来た。

Avengers: Endgame overtakes Avatar as top box office movie of all time

マーベルファンとして、そして、この時代を生きる映画ファンとして、この歴史的瞬間に立ち会えたことが、本当に誇らしい。

そして、全世界の人たちと同じ感動を共有できたことが、何よりも嬉しい。

先日のコミコンで、「フェイズ4」以降の怒

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
1

『運命に、もがく』【映画『天気の子』レビュー】

※作品の根幹のネタバレはありませんが、若干ネタバレがあります。まだ見ていない方はまずご覧になってから読んでください。

いてもたってもいられずに書いてます。

『君の名は。』から3年。新海誠作品最新作『天気の子』を見てきました。

『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』そして『君の名は。』と、新海作品はどれもすごく好きで、今回も楽しませていただきました。

「あの、《君の名は。》の新海誠監督最新作

もっとみる

実写版「アラジン」

実写版のアラジンを観てきました。
私は試写会での鑑賞だったので吹き替え版です。(結構前ですね…)

一言で言うと、「想像以上」
まずスケールが大きいし、何より映像の中の世界が綺麗!
あと、全く想像が出来なかった中村倫也さんのアラジンがしっくりきていていい感じに抜け感のある雰囲気にでした。

映像としては、やっぱりアラビアンナイトというだけあってアニメーションでは表現できないキラキラとした空、街が幻

もっとみる

瀧くんはなぜ三葉の手のひらに「すきだ」と書いたのか?  - 忘却に抗う祈りの物語としての「君の名は。」 -

こんにちは。私はじゅぺといいます。ふだんはTwitterで映画の感想や考察をつぶやいています。まとまった文章を書くときははてなブログを使っているのですが、もうすこしカジュアルに映画に関するあれこれを残せないかと思い、noteにも手を出してみました。飽きっぽい性格のでいつまで続くかわかりませんが、ときどき投稿するつもりです。どうぞ、よろしくお願いします。

note初投稿に選んだのは「君の名は。」で

もっとみる

トイ・ストーリー4から感じる人生観〜なぜ4は過去作品と違うのだろう〜

どうも!夏は歩いているだけで汗で白衣の色が変わってしまうPiKuOです。来週からは梅雨明け、一層暑くなりますから、皆さん熱中症に気を付けてください!喉が乾く前に水分補給をすること、寝る前にコップ一杯の水を飲むこと、首や足の付け根を冷たいタオルで冷やすことなどが予防に効果的ですよ!(たまには医者っぽいことを言ってみる)

さて、今日は、昨日見た「トイ・ストーリー4」の感想をつらつら書こうと思います。

もっとみる
スキ嬉しいです!ありがとうございます!!今後も毎日精一杯更新します!
2

映画『雲のむこう、約束の場所』を観た話

月1で配信中の「月刊 映画感想部ポッドキャスト」という映画の番組をやっていまして

YouTubeからの聴取は

来月配信予定の同番組で新海誠監督の『天気の子』を扱うことになりました

それに向けて、新海監督の過去作を観ようと思い前回観たのが

『秒速5センチメートル』

で、今回観た作品は

『雲のむこう、約束の場所』

「秒速5センチメートル」は現実的な恋愛ものでしたが、今回はそれにSFそ

もっとみる