記事タイトル画像_複業か副業か

複業か副業か

はじめに

こんにちは、note初心者の小原です。

私の会社では、企業のみならず、個人の方のビジネスも積極的に応援しています。本稿では、個人ビジネスの支援者としての立場から

日経COMEMOテーマ企画

について、書きたいと思います。

もしかしたら日経COMEMOさんのテーマからはズレた視点かもしれませんが、複業やってよかった!と言えるようになるためのちょっとしたコツを書きますね。復業を始めようとお考えの方のご参考になれば幸いです。

複業か副業か

既にお仕事をお持ちの方で、かつ、そのお仕事を辞めずに新しいビジネスを始めたいという方に必ずお伺いすることがあります。

それは・・・

その新しいビジネスは、複業ですか?副業ですか?

つまり、

複業:今の仕事も、新しい仕事も、どちらもメイン
副業:今の仕事がメインで、新しい仕事はサブ

株式会社シンチレーションが考える複業と副業の定義)

という意味です。

なぜ、このようなことを質問するのか? それは、複業か副業かを曖昧にしたままスタートすると失敗するからです。単なる言葉遊びに聞こえなくもないですが、意外と複業と副業の差って大きいもんなんですよ。

目指すのが、複業、副業どちらでも構いません。しかし、失敗しやすいのは、「空いた時間を使ってまずは副業(サブ)として始めて、上手くいったら複業(メイン)へ。そして、いつか独立へ。」と言われる方です。そして、「何となく成功したらいいなぁ」という方は、「なんとなくフェードアウトしていく」ものなのです。

副業でもしっかりとプランを立てよう

副業の成立を目指されている方でも、ぜひしっかりとプランを立ててみてください。簡単ですよ。行動内容と目標を具体的にするだけです。

Q.本業に支障がない程度の時間的余裕はどれぐらいありますか?
A.その余裕の中で構いませんので、「週に〇時間、△△をする」などと具体的に行動内容を決めてください。さらに、「1ヶ月後には□□を目標にする」などと目標も設定してください。

例えば、noteで何かしたいとお考えなら・・・
・月水金に各1本(計3本/週)のnoteを投稿し、半年後にはフォロアー100名を目指す。
・通勤中に、noteの人気記事を読んで、人気の理由を考える(傾向分析)。

といった具合です。

あくまでも、副業ですから、本業に支障が出ない程度に無理のない設定でいいんです。あとは、継続するだけです。

複業は、時間を制し、楽しめる人が強い

複業(もう一つのメイン)の成立を目指されている方は、副業(サブ)以上にしっかりとしたプランが必要です。本業に支障がない程度の時間的余裕を使って、という程度では複業の成立はなかなかどっこい難しくあります。ベタな表現で恐縮ですが、時間は作るものという考えのもと、高い目標を達成すべく時間を作り、決めた行動内容を完遂し、目標達成に意欲的にならなければいけません。超絶ベタですが、これに限るんです。

でもね、行動内容の完遂や、目標を達成するコツもあるんです。

これまたベタですが、ちょっと頑張ったら達成できる目標を小刻みに設定するだけです。マイルストーンも設定しつつ、ヤードストーンも設定する(笑)

※ 1 国際マイル = 1760 ヤード

そして、1ヤードストーンごとにその仕事やタスクを楽しみ、達成したらその都度「悦に入る」(笑) バカバカしいけど、継続の秘訣はこんなもんなんですヽ(^o^)丿 人によっては、自分へのご褒美もありですね。

まとめ

ってことで、複業やってよかった!と言えるようになるためには・・・

1.その新しいビジネスは、複業ですか?副業ですか?
2.行動内容と目標設定を明確に
3.ヤードストーンを設定し、達成の度に悦に入る(笑)

を意識してみてくださいね。


最後まで読んで頂きありがとうございました。


  

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

がんばってイイ記事書きます^_^

17

小寺正浩(事業支援プロデューサー)

メルセデス・ベンツなど大小様々な企業のコンサルティングを行なう【小原】と、コンサルタントでもあり飲食店情報サイト(https://bizeats.jp/)の編集長でもある【寺崎】が2人で1つのnoteを書いてます。小原と寺崎二人合わせて小寺です。よろしくお願いします。

ビジネス関連まとめ

小寺のnoteから、ビジネス関連の記事をまとめたマガジンです。 ただし、飲食関連の記事は、別途マガジンを作っていますので、そちらをご参照ください。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。