見出し画像

写真で振り返るFirstFourNotesの2018年(後編)

こんにちは。FirstFourNotesフクシャチョーのぼへぼへです。音楽と技術を組み合わせて、楽しいことを作るぞ!という挑戦をしている会社です。

2016年6月に起業して、3年目とも言える2018年、FirstFourNotesにとってはどんな年だったのか、写真で振り返ってみます!の後編です。

前編はこちら。

7月

音楽アプリをApppleストアにリリース

3月からプロトタイピングして、ユーザーインタビューしていた音楽アプリをリリースしました。

まずは、大学生十数人に協力をお願いして、投稿してもらったり、感想を聞いたりすることに。

今回、楽曲をアプリの中で利用するのにJASRACに行って、アプリの仕様説明をして、包括契約の手続きをしたりしたことで、楽曲の利用方法の知見を貯めることができました。


著作権周りの対応、今回初めてやったことで、色々とわかったことも多かったです。

8月

メイカーフェア初めての出展!

おきまりの徹夜明けで本番。ギリギリまでチューニングし続けて会場へ。

なかなか人がやってこないので「機械学習でつくる電子楽器」というキャッチーなビラを書いて呼び込みをしてみました。

反省点もたくさんあって、こうした方が良かったもたくさんあって。

リベンジしたい・・・・・・。

で、

その足で、シンガポールのメイカーフェアに飛んでしまうところが弊社w

最高でした。

国が違うと、反応が違う。これ、いくらなの?買いたいんだけど、という人まで出て来て、東京との反応の違いに驚きっぱなしの3日間でした。

シンガポールは、様々な国や背景を持った人たちがたくさん来ていて、その人たちと話するのもとても楽しかったです。

初の海外展示だったんですが、ニコ技枠で共同出展させてもらいました。

高須さんには、当日の会場での場所手配から、入場パスの手配まで、本当にお世話になりました。


9月

ちょっと放心

メイカーフェア東京に出展して、その反省点を含めて2週間で作り直して、メイカーフェアシンガポールへ。

あまりに怒涛の展開をしてしまったがために、フクシャチョーしばし放心状態です・・・。

シャチョーはそんなこともなく絶賛物作りに励んでいます。

ありがたいことに、受託開発の案件でもプロトタイプ制作、ユーザーインタビュー、そしてブレストしてからプロトタイプ制作、改良・・・というお仕事に携わることができました。

こちらはまだ世に発表できませんが、皆さんの生活の役に立つ感じで世に発表できるものになればいいなと思っています。

10月

次の構想を試したい

シンガポールで思いがけず大好評だった、MagicalMusicCat。

すでに、シンガポールでの展示中にあれやこれやと改良部分を話していました。

次は、こうしたい、これで試してみたい。

アジアに行くのであればなんとかお金はある。

そして、申し込んだ台北メイカーフェア。

11月

そして、きちゃった台北メイカーフェア

改良バージョンのMagicalMusicCatは大人気でした!!


行徳てらまち回遊展でライトアップ協力

台北から帰国したその週末には、千葉の行徳で開催された行灯のイベントに、NeoPixelを使ったライトアップをしてきました。

お仕事で知り合った方が、毎年開催されているイベントに協力して参加。

この行灯は、ディサービスを利用されている方が、一つづつ手作りされたものです。

この千葉の行徳あたりは、周りがお寺が多いせいもあって、日が暮れると本当に真っ暗。行灯がとても映えていました。


そして、シャチョーが寝込む・・・

メイカーフェアから帰国後、シャチョーが寝込んでしまい(マイコプラズマに・・・)、私はうつらないようにAWS Loftで仕事をしていました。

夏からずっと全速力で走ってきた感じで、一回お休みという感じでした。


12月

音楽アプリをクローズしました

アプリをリリースしてから、十数人の学生さんに使ってもらっていたアプリですが、最初は数件登録してくれたものの、使われなくなってしまいました。

原因分析をしてその理由については大きく納得することもあり、また方向性を変えてアプリを製作中です。

挑戦していかないとわからないことだらけ、なので、来年も引き続き、ピボットしつつ挑戦は続けたいと思います。

続けることだけはやめず、また次、出していこうと思います。


大垣miniメイカーフェアへ

大垣miniメイカーフェアに行きました。今回は残念ながら出展ではなく、見る側で。

見る側だと、色々とたくさんお話を聞けるのがありがたかったです。

大垣という場所柄なのか、音楽系プロダクトを作っている中の人は、実は浜松あたりにある楽器メーカーの人?!だったりして、音楽の濃いお話も聞くことができました。


2019年に向けた大きなクリスマスプレゼント

来年もたくさんつくるための投資をしました。

3DプリンタとORIGINAL MINDの切削マシンです。


来年は3D的なものづくりを自社内でできるように。

今年は、FabLabに通ったり、外に発注したりとしていたのですが、手元で試行錯誤できればなあと何度も思って、でも、お金ないしなあ・・・で終わっていました。

お金はできたわけではないのですがw、立ち止まっていては何も変わらないので、先行投資です。

来年は回収も同時に進めたい野望を持って望みます。


来年も、たくさんつくるぞー。


商品として、サービスとして利益をあげれるものを生み出せるように、来年も楽しくつくって行きます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

FirstFourNotesという小さな会社で、音楽+ITで新しい音楽の体験を生み出したいと、シャチョーと2人でプロダクト開発中です。いただいたサポートは、部品購入や基板製作に使わせていただければありがたいです!

うれしいです!また見にきてください!
6

AtsukoShibuya/ぼへぼへ

2016/06に起業し、FirstFourNotesのフクシャチョーとエンジニアをやってます。https://firstfournotes.com 2014-2018/ 東洋経済オンラインで4コマ漫画連載 http://toyokeizai.net/category/diary

最初の4つの音の先へ

小さな音楽スタートアップが作る未来を描いていきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。