見出し画像

【選挙ウォッチャー】 練馬区議補選2018・NHKから国民を守る党のスタンスについて。

東京では桜が散り始めているエイプリルフールの夜、葛飾区議の立花孝志さんが、森友学園問題を取材している著述家の菅野完さんに電話をかけ、その様子をYoutubeにアップしました(※現在は削除されています)。そういえば、立花孝志さんは月に200万円ぐらい稼ぎ出すというYoutuberでいらっしゃるそうなので、「菅野完に電話をかけてみようぜ!」のノリで電話をかけてしまったのかもしれませんが、立花孝志さんは公職者であり、当然、やって良いことと悪いことがありますが、それがまったく分かっていないオジサンであることを世界に発信してしまったため、「NHKから国民を守る党」の代表がどのような人物であるのかが可視化されることになりました。僕も「選挙ウォッチャー」として、このたびの騒動をまとめないわけにはいかないと思い、急遽、レポートをリリースさせていただくことにしました。なお、このレポートを書くにあたり、交通費や宿泊費などの経費がかかっていないこと、今後の「選挙ウォッチャー」の分析レポートを皆様に読んでいただくあたり、「NHKから国民を守る党」という政党がどのようなスタンスで運営されているのかを知っていただくためにも、無料で公開させていただくことにしました。NHK解体を期待している方もたくさんいることでしょうが、果たして、このようなスタンスの政党に、この国を変えられるのでしょうか。


■ 「NHKから国民を守る党」の現状とは?

僕は今、「選挙ウォッチャー」として日本中を飛び回り、全国各地の選挙を自分の目で見て、なるべく現地の人から話を聞いて、思ったことや感じたことをこのようなレポートにしています。なので、葛飾区議選に立候補した代表の立花孝志さんを含め、これまでにもたびたび「NHKから国民を守る党」を取材する機会があり、立花孝志さんご本人からもお話を伺ってまいりました。
実は今、立憲民主党と並んで、政党を名乗るだけで候補者が当選できる政党が「NHKから国民を守る党」になります。昨年11月の葛飾区議選では、都民ファーストの会から立候補した候補者たちが続々と落選する中、代表の立花孝志さんは見事に当選を果たしました。そして、今年2月に行われた町田市議選では、無名の新人である深沢宏文さんが当選を果たし、候補者にネームバリューがなくても「NHKから国民を守る党」に所属しているというだけで、一定の票数を得られたと分析しています。ただし、彼らが区議会議員や市議会議員になったところで、本当にNHKを解体できるのかどうかは極めて微妙です。区議や市議として、どのようなプロセスでNHK解体に向けて動くつもりなのかは発信されておらず、とにかく「NHKをぶっ壊す」というワンイシューなので、それ以外の政策についてはまったくの「不明」というのが現状です。

現在、「NHKから国民を守る党」の代表で葛飾区議の立花孝志さんは、葛飾区議会の席が隣であるという縁もあって、日本第一党推薦でヘイトスピーチを繰り返していた鈴木信行さん、都議のセクハラをフライデーに訴えたために都民ファーストの会を破門になった美人区議の蔦絵梨奈さんと会派を組むことにしたと話していました。蔦絵梨奈さんはともかく、鈴木信行さんと手を組むことにしたので、「ヘイト野郎の仲間」ということになります。なお、この情報はエビデンスを持たずに話す立花孝志さんとは異なり、僕が町田市議選の際に立花孝志さんにお会いして直接聞いた話なので、町田市議選のツイキャスアーカイブにも残されています。皆様にも根拠としてご確認いただけるようになっています。


■ 安倍昭恵夫人からFacebookでコンタクトがあった

立花孝志さんは今年3月18日、ご自身のYoutubeにて「安倍昭恵夫人からFacebookに連絡があった」と話す内容の動画をアップしています。総理大臣夫人から連絡をもらったことがよほど嬉しかったのか、安倍昭恵さんと5回ほどのメッセージの往復を交わした直後に動画を撮影してアップしており、安倍昭恵夫人とコンタクトを取ってみた印象について「(安倍昭恵夫人は)良い人なんだなと感じた」と話していました。
そこから安倍昭恵夫人とのやりとりは続き、3月20日には「安倍総理を応援することにした」とする動画をアップし、ホワイトボードを使って「安倍総理も安倍昭恵夫人も関与しておらず、怪しいのはキアラ設計をはじめ、森友学園の土地取引に関わった業者や近畿財務局の人間である」という内容の解説を始めました。そして、安倍昭恵夫人いわく、安倍晋三総理は「NHKがインターネットができる環境がある場合でも受信料を徴収しようとしていることには反対」の立場だそうで、それを聞いた立花孝志さんは「安倍首相を批判するより、今は安倍首相とともにNHKをぶっ壊すために手を組んだ方がいい」と判断したのだそうです。選挙の時には「TPP断固反対」と言っておきながら、政権を握った瞬間、あっさりとTPP推進に寝返った安倍晋三総理なので、エイプリルフールでもない日にも嘘をつき、こと森友学園問題に関して言えば1年間も嘘をついてきた「エブリデーフール」のオジサンなのに、夫人の話をこれほど簡単に信じてしまうのですから、ピュアなのかアホなのかです。


■ 菅野完さんに電話をかけた立花孝志さん

どうして菅野完さんに電話をかけようと思ったのか知りませんが、立花孝志さんは菅野完さんに電話をかけ、しかも、菅野完さんの了承を得ることなく、その会話の内容を動画で撮影しており、Youtubeにアップしました。Youtubeはアクセス数が多く、広告再生数が多くなればなるほど収入につながるため、富士の樹海で自殺した人を見つけ、大喜びしていたYoutuberが世界的な問題になるなど、アクセス数を求めてトラブルを起こすことも少なくありません。おそらく、今回も似たようなメンタルで動画を公開したのだと思いますが、とても重要なことは、立花孝志さんが「公職者」であり、さらに言うと「政党の代表」であるということです。このような人物が、いくら「著述家」という職業とはいえ、私人である菅野完さんに電話をかけてきて、その会話の内容を許可もなく動画で公開してしまったのですから、「どないなっとんねん!」という話ですし、前代未聞の不祥事と言っても過言ではございません。しかも、その会話の内容は、立花孝志さんの政治生命を永遠に閉ざすばかりでなく、もっと言えば、もし立花孝志さんの言っていることが本当だとすると、安倍昭恵夫人の最低な人間性まで炙り出してしまうような内容だったのですから、これぞまさしく究極的な「日本の闇」なのです。


※おことわり※

大変申し訳ございませんが、ここからは立花孝志さんの発言に基づく差別的な表現が含まれます。当レポートでは、立花孝志さんや安倍昭恵さんが、どのような認識で、どのような発言をしているのかを正確に伝えるため、あえて差別的な表現を排除せず、そのまま伝えることにしました。不快になる方がたくさんいらっしゃるとは思いますが、どうかご了承ください。また、差別的な発言に触れたくない方は、ここで読むのをおやめください。


■ 「森友学園問題は部落が起こした問題」という差別的な認識

立花孝志さんは、3月23日に「森友事件と同和部落について」という動画をYoutubeにアップし、17万回以上の再生数を稼ぎ出すとともに、1600以上の「いいね」がついています。冒頭で「自分の能力が高いと思うところですが、NHKのことをやりながら森友問題にも突っ込んでいるところです」と挨拶をした立花孝志さん。テレビをはじめ、いろいろな所から取材の申し込みがあるそうですが、NHK出身のフリージャーナリストという立場として「本当に仲の良い人からの取材も含め、すべての取材を断っている」と言い出しました。これだけたくさんYoutubeで語っているくせに、なぜメディアの取材を断るのかは謎ですが、この後、まるで切り札のように、こう述べています。

「結論というか、言えるところはですね、今なお、私は、安倍昭恵夫人と連絡を取り合っているということです。」

安倍昭恵夫人からFacebookで最初にメッセージが届いたのは、フジテレビの「グッディ」の取材を受けている最中だったそうですが、この時は視聴率が見込めるということで、安倍昭恵夫人の許可もなく、独自の判断で安倍昭恵夫人とのやりとりを「グッディ」のカメラに明かしたそうです。「この時も許可がなかったのか」と驚くかもしれませんが、動画で本人がそう語っています。総理大臣夫人との私的なメッセージのやりとりさえ、許可なくフジテレビに明かしてしまうのですから、この人には絶対に秘密を教えられません。それと同時に、こんなに何でもペラペラと話してしまう人を議員にしておいて大丈夫なのかと心配になります。電話やメールのやりとりを相手の許可を取らずに公開してしまうのは、立花孝志さんの「基本機能」なのでしょう。
さて、この「森友事件と同和部落について」という動画ですが、かつて日本維新の会から衆院選に立候補した長谷川豊先生を彷彿させるほど、「葛飾区議がYoutubeでこんなことを言って大丈夫か?」と思わせる発言で溢れています。

「この同和というものをですね、しっかり分析・解説をしていかないとですね、この森友問題は解決できない。同和という言葉は、テレビではまず出ないでしょう、部落差別とかね」

この前フリの時点でイヤな予感しかしませんが、立花孝志さんは「森友問題は同和の人たちが起こした事件である。だからテレビでは報道されないのだ」という理論を繰り出しています。そして、同和の方々は差別をされてきたので、国から施しを受ける「逆差別」が存在し、国の土地を安く買える、犯罪がもみ消される、何万円も払わなければならない家賃の所に1000円で住める、同和の人は公務員になれる特権があり、奈良市では(同和の)職員が仕事もせずにプールで焼きそばを焼いていた、仕事中に覚醒剤をしていて逮捕されたなどの話がある・・・、これまで同和の方々をガチで差別してきた人たちが面白半分で作り上げてきた「デマ」を恥ずかしげもなくホワイトボードに書き込み、挙げ句の果てに、こう述べました。

「ちなみに、橋下徹さんも松井一郎府知事も同和地区の出身である。こんなことなかなか言えません。これ、言うだけで、名誉毀損で訴えられたら、もうどうしようもできないです。ただ、僕は差別しているわけじゃなくて、皆さんにね、同和ってどういうものか。まず橋下さんの名誉のために言っておきますが、橋下さんはもともと東京の渋谷の幡ヶ谷って所の生まれで、確かお父さんが暴力団。親戚がそういうね、暴力団関係者もいて、だいたいそういう同和の人って、結局お金がないから、お金がない人って犯罪をする。その犯罪をする集団が暴力団みたいな感じになるので、彼はそういう暴力団の関係の所に生まれて、同和の地区に生まれて、それを是正するために頑張っている、頑張った政治家であり、頑張っている人だ思っています。橋下徹さんのことは高く評価させていただいているという。で、松井一郎さんも同和の人であると僕は思っています。誰が同和で、どういう人を同和の人っていうのか定義がないので、それは難しいんですけど、松井さんは大阪府では同和の人が特に多いと言われている八尾市でですね、どういう仕事職種か分かりませんが、少なくとも建設関係の仕事をお父さんの代からやっています。この人は世襲議員なんですよね。お父さんも大阪府議会議員。けっこういいところまでやっている自民党の人ですよね、もともと。僕は松井一郎さんと一度だけ直接お会いして二人で話したことがあるんですが、三宅博さんという、昨年亡くなった三宅先生の紹介で、三宅さんが松井さんのお父さんの秘書をやった関係で、松井一郎さんが橋下さんと組んでですね、大阪維新の会を作りたての頃ですね、2010年、今から8年前ですね、2011年の春の最初の維新が出てくる統一地方選挙で、僕が当時住んでいた堺市から立候補しないかという話を松井一郎さんと、堺市の市議会議員ですね、市議会議員に立候補しないかという話を松井一郎さんと直接お話しさせていただいたのが、今から8年前です。その時ね、松井一郎さんの事務所に行かせていただいたのですが、彼の事務所の真ん中にデンと座っているのが、実は松井一郎さんじゃなくて、松井一郎さんのお父さんなんですよ。「えっ?」と思って、この事務所で一番偉いのお父さんなんだと、「あの人、誰ですか?」って言ったら「お父さん」だと教えてもらって、まずそんな感じですよ。その時に松井一郎さんは他人の悪口をいっぱい言っていました。橋下徹さんのこともね、「ハシモト、ハシモト」って呼び捨てにして、「アイツが今日、ハシモトが今日、タウンミーティングに行っとるから」と。橋下さんの前ではね、そういうこと絶対に言わないでしょうけど、当時の知事を呼び捨てにしていたということ。僕は松井さんという人間に対しては、いいイメージはまったくありません。「俺たちは議員の給料を減らすために1回だけ立候補する人を探しているんだ」と、こう言うわけですよ。政治家を職業にしてはいけないっていう橋下さんの言葉をそのままコピーで言っているわけですよ。「4年間経ったらもう立候補しない人を探しているんだ」と言いながら、この人、何年議員やっているんですか。っていうレベルなんですけど、お父さんの時代から何年やっているんですかっていう。なにせ信用できない人なんですよ。籠池さんが国会でハシゴをかけて外したのは松井さんだって2回言ったように、この人が今回のすべての問題なんですよ、松井一郎さんっていう人が!」

この無双ぶりは半端じゃありません。橋下徹さんを「暴力団の息子だけど、よくやっていると思うので高く評価している」と上から目線で語ったかと思えば、松井一郎さんのことは八尾市出身というだけで「同和だと思います」と言い出す始末。この人、完全にイッちゃってます。ちょっと面白いのは、日本維新の会は「透析患者は殺せ」の長谷川豊さんを擁立してしまうほど見る目がないので、堺市議選の際に立花孝志さんにも声をかけていたということです。凄まじくポンコツにしかオファーをかけていないところが、維新クオリティーです。あの時に声をかけてあげた奴から、ここまでボロクソに言われているって、どんな気分でしょう。そして、これほどの暴論を並べに並べてしまったので、最後にこうまとめています。

「はい、これで相当、名誉毀損しましたから、僕は逮捕される可能性も、名誉毀損で訴えられる可能性もありますが、そんなことはビビってません! 僕は命がけでこの活動をしています!」

す、すげぇ・・・。名誉毀損で訴えられる可能性にビビっていないと語る立花孝志先生に、僕は今、めちゃくちゃビビっています。何なのでしょうか、この一切の得がない命がけの活動は。しかも、「訴えるなら訴えてください、やり返しますから!」と宣言しています。いやいやいや、立花孝志先生が一方的にやっている話なので、やり返すことなんてできません。立花孝志先生がただただ一方的に訴えられるだけの話です。訴え返すために裁判を起こそうとしたところで、1000%お金をドブに捨てるだけの絶対に負ける裁判になるので、そんなお金があるのなら、そのお金をぜひとも僕にお譲りいただき、ガールズバーで豪遊させていただきたいです。すべては立花孝志さんが致命的なほど無知だから、いや、極限レベルのアホだから、こんなことになっているのですが、おそらく、これくらいの話をしたところでいちいち名誉毀損で訴えてこないだろうと甘い考えをしているのかもしれません。しかし、人にはそれぞれ「何があっても絶対に譲れない一線」というものが存在します。いい歳こいたオッサンのくせに、最もデリケートな差別の問題に土足で踏み入れたあげく、まるで蹴り飛ばすかのような暴挙に出ているのですから、たいした覚悟もないくせに「命がけ」なんて言葉を簡単に使ってしまったことを後悔した方がいいでしょう。村人全員が大切にしているお地蔵さんに冗談半分でかかと落としをぶちかましてぶっ壊し、ヘラヘラしながら「バチが当たることは覚悟してまーす!」と言うくらいの暴挙であることに早く気づいた方がいいと思います。しかも、きょうびネトウヨも言わないことを口にしています。

「同和の問題はマスコミは触れないんですよ。これね、触れるとうるさいんですよ。同和って共産党とか民進党とかとつながっているから。特に共産党はうるさいから。すぐに文句を言ってくるわけですよ、「差別だー!」と言って。彼らは「差別」という言葉を使うとですね、公務員がビビることを知っているわけです。マスコミも一緒です。「俺たち同和に対する差別だ」って、テレビ局がそういう人たちに抗議をされるとたまらないから、テレビは同和や部落のことについてはほぼ触れないわけですよ。」

すごい認識です。共産党や民進党は同和とつながっていて、「差別だ!」と騒ぐことによって、日頃から公務員をビビらせていると言うのです。しかも、これらの話のエビデンスは、立花孝志さんが同和出身のバツイチの女性と付き合っており、その女性から聞いたのだそうです。にわかに信じがたい話ですが、僕も中学生の頃、学校のクラスメイトに「塾に彼女がいる」という嘘をついたことがあります。「彼女の写真を見せてよ」と言われましたが、「彼女が写真嫌いなんだ」と答えたのは懐かしい思い出です。
さて、気になるのは、立花孝志さんは安倍昭恵さんと話をするようになったから、「部落」だの「同和」だのという話をするようになったのかということですが、実は、立花孝志さんは2017年4月の段階で、この森友学園の土地取引の不正は部落解放同盟がやったことだと主張していました。いきなり「部落」とか言い始めたように見えるので、安倍昭恵さんが入れ知恵をしたのではないかと疑いたくなりますが、そもそも立花孝志さんの持論だったことを確認しておきたいと思います。


■ 立花孝志さんと菅野完さんの電話のやりとり

ここからは削除されてしまった動画(※音声データを保有しています)をもとに、立花孝志さんと菅野完さんのやりとりを解説してまいります。電話での会話は約40分で、立花孝志さんが菅野完さんに電話をかけています。Youtubeにアップされた動画は、終始、自宅らしき場所で電話をかける立花孝志さんの姿が映っていました。まもなく全文の書き起こしがネット上に出回ることと思いますが、ここでは重要なやりとりだけを抜粋します。

菅野:同和利権って何ですの?
立花:そこのシステムを使っているっていうこと。
菅野:そこのシステムって何ですの?
立花:いわゆる「差別」という言葉の代わりに「昭恵夫人」を使ってやったことだと僕は見ているんです。
菅野:見てはる根拠は何ですの?
立花:根拠はね・・・、それはでも佳茂さんの読みとかから僕もそうかなと思って。
菅野:いやいや、読みはよろしいわ。
立花:もっとわかりやすく言えば、キアラ設計がそこだから。キアラ設計がそういう絵を描いたのかなと。
菅野:絵を描いたという根拠は何ですの?
立花:そこに関してはまさに推測からの話・・・
菅野:なんで推測で人権マターに足を踏み込むんですか?
立花:部落の所については、同和ですよ、言い出したのはけっこう最近なんですよ。
菅野:ですよね。で、根拠は何なんです?
立花:いやいや、今から言いますから。「昭恵夫人」なんですよ。
菅野:昭恵夫人がそしたら、昭恵夫人がそしたら、何を言わはったんですか? 何か昭恵夫人が紙をめくってはるんですか?
立花:だから「根拠は?」って言うから、キッカケはそこなんですっていうことなんですよ。
菅野:キッカケは昭恵夫人が「同和やから」って言うたから?
立花:そうそうそう、同和やから。「同和やから」じゃないですよ。だから僕は昭恵夫人とずーっと、それこそ何チェーンという連絡を取り合っているから。そこでね、僕はそこの同和の問題っていうのにも触れているのでね。
菅野:誰が?
立花:いやいやいや、私も昭恵夫人も。
菅野:同和の問題って何?
立花:いやいやいや、詳しいことまでは正直・・・。同和が関係しているからこんなにおかしくなるんじゃないんですかっていうレベルの話ですよ。
菅野:なんで同和が関係すると物事がおかしくなるんですか?
立花:それは行政がこれまで曲がってきたから。
菅野:同和が関係して、キアラが何か行政に「うち同和やねん」って言うた痕跡あるんですか?
立花:いやぁ、今回についてはそれはないですよ。
菅野:ないんですよね?
立花:今回はないです。
菅野:ないにもかかわらず、なんでそんな話を第三者にするんですか?
立花:公にするっていうことですよね?
菅野:うん。
立花:そこはこれまで同和利権っていうのは大阪にかなりありましたからね。
菅野:「ありました」と「森友事件」と、何が関係するんですか?
立花:同和のシステムを使ったんじゃないかっていう話ですよ。
菅野:その同和のシステムって具体的に何で、森友事件で使った痕跡って見つけはったんですか?
立花:あー、痕跡っていうのは間違いなく、だって昭恵夫人でしょ?
菅野:昭恵夫人がどうして同和のシステムの一部なんですか?
立花:だから、今までは「差別」っていう言葉を「昭恵夫人」って置き換えてやったんではないかっていう。
菅野:今までは「差別」っていうのを「昭恵夫人」に置き換えたっていうのは、ごめんなさい、今まで差別標榜ゴロと呼ばれる、いわゆる部落解放同盟が一番戦っている相手ですよね。
立花:部落解放同盟が戦っているのか、それともエセ部落解放同盟が戦っているのかは知りませんよ。
菅野:僕は後者だって言っているんです。あのね、部落標榜ゴロが、確かに人権問題だとか言って行政からお金をゆするっていう事例は、部落解放同盟が常に指摘しているように、部落標榜ゴロというのは存在しています。存在していますが、今回の森友事件で、それがキアラであれ、酒井弁護士であれ、籠池さんご本人であれ、何であれ、昭恵夫人が応援してくれてはるんですっていう話と、部落の話と、何が関係あるんですか? 大義名分を振りかざせば、行政は黙るんだということをご指摘されたいのであれば、そんなもん、何もかも部落と結びつきますよ。

電話をかけるなり、オープニングから「日頃から菅野さんの悪口を言っているので話しにくい」などと宣っていた立花孝志さんでしたが、菅野さんから「あなた、なんか部落の話をようしてはるらしいじゃないですか」と指摘され、このやりとりが始まりました。そして、この会話のポイントは、もはや立花孝志さんの話は何が本当で何が嘘なのかが分からないのですが、もし立花孝志さんの話が本当だとするなら、安倍昭恵さんは立花孝志さんの話に同調しているので、今回の土地取引の不正を「同和のせい」にしようとしているということになります。なんと、根拠もなく差別をしているだけでなく、森友学園の罪まで背負わせようというのですから、こんなことを許していいのでしょうか。さすがの僕も、総理大臣夫人がこれほどまで酷い認識をしているのだとすると、いくら公文書を改竄するぐらい終わっている国だとしても、さすがに終わり過ぎているので、立花孝志さんの壮大なエイプリルフールであることを信じたくなります。真実は立花孝志さんのFacebookのメッセージフォルダーの中にあるのでしょうが、それは最後に希望さえ残らない「パンドラの箱」なのかもしれません。そして、ここから立花孝志さんのスタンスがどんどん明確になります。

菅野:お人が亡くなっていらっしゃるにもかかわらず、このお方が亡くなったのはこれが原因だって断定するのって、それもまた死者に対する冒涜でしょ? 僕はそれ、ようやらんのですよ。そやから、人が死んでんねんや言うて急ぐ気持ちはわからないわけではないですけれども、僕も40を超えたいい大人ですから、手続き論っていうのはやっぱり完璧にしていかへんかったら大人として恥ずかしいんですよ。
立花:アハハハ、そこが、だからね、それは僕が先に言ってるじゃないですか。そこが菅野さんと僕の考え方の違いでね、やり方はやり方として素晴らしいと思います。
菅野:考え方の違いやないと思うんです。
立花:えっ? そうなんですか? だって人を傷つけたら責任を取りゃいいって僕の考えですよ。
菅野:その責任がほんまにどこにあるかっていうのは・・・。
立花:だって、名誉毀損で済むような問題だったらやってしまえって考えですよ、僕は。あのね、人の体とか、有形物を壊すとか、いわゆる何って言うんだろう、心とか体が傷つく程度だったらアレですけど、その名誉毀損ぐらいに関してはね、公人だったらいいと思っていますよ、僕は。
菅野:あの、名誉毀損でいいと言うんであればね、それはそうかもわかりませんけど、それはあなたのやり方かもわかりませんけれども。
立花:僕のやり方ですよ。だって、実際、僕、今、名誉毀損で被疑者ですよ。他の人から訴えられているんでね。
菅野:被疑者なんですか? そうすると刑事で名誉毀損を行かれているんですか?
立花:そうそうそう、刑事で。だから維新の会の人間に、今、刑事告訴されて、今、東京地検か大阪地検か、今、どっちか地検がやりとりやっていますけど、どっちが調べるか言うて。
菅野:あの、それってね、あなた、負けはったらどうするんですか?
立花:負けた時はしょうがないでしょ。僕は勝つと思ってやってるけど。負けた時って、それで逮捕されてね。
菅野:いや、ちゃうちゃう、逮捕されるのは、逮捕されるのはどうでもよろしいねん。
立花:逮捕されるようになったら議員辞めなきゃいけないからね。
菅野:議員辞めるのは、それもどうでもよろしいねん。どうでもよろしいねん。俺が言うてるのは、もし負けはったら、事実認定の部分で負けはったら、言うてたことが嘘って確定してまうわけですよ。
立花:まあ、そういうことですね、はい。
菅野:で、嘘つき認定されてええんですか?
立花:それはもう仕方ないでしょう。だって、それより帰ってやらなきゃいけないことがあるから。
菅野:っていうことは、立花さん、今まで27分しゃべってますけど、この27分の間にあなたがおっしゃっているのは、僕はそんなに取材をたくさんしているわけではない、名誉毀損で訴えられてもかまへんから嘘上等でいろんなことを言うんや、この2つっていうことになりますよ?
立花:それで僕自身は、まったく1から僕が作り出したことじゃない。取材が浅いことも出しているっていうだけの話ですよ。ハナから嘘をついて、この人を貶めようとかじゃないっていうことだけはご理解してくださいね。
菅野:モチベーションはどうでもええんです。興味がないんで。あの、大変申し訳ないんだけど、その取材が浅い、嘘上等でモノを言っているって、これって僕、かなりヤバい話やと思うんですけど?
立花:それをヤバいと思うのは自由でしょうけど、じゃあ、もっと例えばメディア名を言えばね、それは「東スポ」さんとか、そういうところで相当走っているじゃないですか。
菅野:だから「東スポ」だって言われるわけじゃないですか。
立花:でも、世の中、東スポが必要だっていうことがあるから東スポは売れているわけでしょ、実際に。会社として経営しているわけでしょ?

恐ろしいほどに名誉毀損を軽く考えているのだと思います。そこらへんのオッサンが言っている悪口と名誉毀損の区別がつかないのでしょう。立花孝志さんは僕のことを知っているので、おそらくこのレポートを読んでくれると思いますので、わかりやすく説明しておきます。例えば、僕が立花孝志さんのことを「アホ」と言ったぐらいのことでは名誉毀損にはなりません。僕が1回アホと言ったぐらいで立花孝志さんの名誉が壊され、何らかの損害を受けるということがないからです。しかし、この後にアップされている「菅野完さんの悪口を言います」の動画で、菅野完さんと女性の間であった裁判の判決文を読むこともなく、権威のある公職者のくせに「レイプ未遂をしました」と語るのは事実誤認も甚だしい上に、そのデマで菅野完さんの商売の邪魔をしているので名誉毀損になります。名誉毀損とは、それによって菅野完さんが心を傷め、うつ病になってしまったことを補償するためのものではありません。スマイリーキクチさんの事件もありましたが、まったく人を殺していない人に、まるで人殺しかのような因縁を被せ、芸能界で活躍する機会を奪ったら名誉毀損になるのです。今回、菅野完さんから「判決文に基づいて批判されるのならご自由ですよ」と言われたものの、菅野完さんを「レイプ未遂した人物」として扱ったあげく、判決文について「そんなもん読んでいるわけないじゃないですか!」と開き直って、デマをベースに他人を罵ったら相手に損害が発生するのです。その損害分の賠償をしなければならないのは当然のことです。そして、その損害賠償額は1万円や2万円で済む話ではないということです。これから議員として生きていくこともできなくなるので、細々と「NHK撃退シール」を売って生活するニートのオジサンになってしまうかもしれませんが、その少ない売り上げさえも損害賠償で差し押さえられるのです。同じ会派のヘイト議員の鈴木信行さんが「生活保護反対」という活動をされておられますが、もし立花孝志さんが生活もままならないほどに貧乏になった時には、体を壊したわけでもなく「アホだから」という理由で税金で生活保護費を払わなければならなくなるのです。そうしたら、長谷川豊先生のような考えをする人たちから「そんな自業自得の人間の生活保護費なんて打ち切ってしまえ。死んでも構わない!」と言われることになるのです。立花孝志さんがNHKの受信料問題のようにどれだけゴネても、そう簡単に世の中は変わりません。これだけ森友学園問題が疑惑だらけでも、まだ世の中は変わらないのですから。オジサンのくせに世の中をナメていると、とんでもないしっぺ返しを喰らうことになるということだけはアドバイスしておきたいと思います。そして最後に、このような思想の人物が葛飾区議であり続けて良いのかということを葛飾区民、および、この国の人すべてに訴えたいと思いますので、立花孝志さんの差別に対する考え方がわかる部分を書き起こしたいと思います。

菅野:あと、あなたがやっていることは差別の加担だからです。
立花:でも、差別の加担はマズいんですかね。何か、法か何かに引っかかりますか?
菅野:差別に加担することは良くないんです。
立花:良くないったって、僕は、差別はどうやったってなくならないと思いますからね。
菅野:そうやっても無くならない差別だから、自分も他人を差別してもいいんですか?
立花:いや、ごめんなさい。差別している意識がないから、誰を差別しているんですか、これ。キアラ設計を差別しているってこと?
菅野:申し訳ないんですけど、これは同和利権だなんて言われると、同和の人間として、僕、ちょっと首をかしげてしまうんです。べつに僕は心が傷つくとか、そういうしょうもないことを言うてるわけじゃないですよ。なぜ事実を確定できないことで、人権マターにつながるようなことを言うんですか?
立花:それはちょっと反論していいですか。
菅野:どうぞ。
立花:あのね、同和利権ってね、今なお相当残ってますよ。
菅野:いや、同和利権が残っているという話と、森友事件はどう関係あるんですか?
立花:いや、同和利権が残っているから同和利権があるって発言することとね、森友事件がリンクしていることはまた違うんじゃないですか?
菅野:いや、違うでしょって話をしているんです。で、昭恵夫人という名前を使うことが同和利権と同じ力学だって言うのって、それって何だって言えるじゃないですか。
立花:でもね、僕ね、同和の、いわゆる同和利権なのか、エセ同和利権なのかは、それはどちらなのかは分からないですよ。でもね、他の財務省に対して、近財(近畿財務局)に対してあれだけ圧力をかけてですよ。相当な圧力じゃないと、あんなの安くもしないし、文書の改竄までするとは思えんのですよ、僕は。
菅野:そうしたら、今、日本中に同和ゴロがいますけど、同和ゴロはみんな、国有地を安く買っているんですか?
立花:いや、少なくとも買っていた時期はあったでしょう。
菅野:今、平成24年以降でそんな事例あるんですか?
立花:いや、ないでしょう。ないからそのシステムっていうか、やり方を踏襲して、「差別」っていうことを「昭恵さん」っていうふうにやったんじゃないんですかっていう・・・。
菅野:大変申し訳ないけど、大変申し訳ないけど、それはキアラ設計と藤原工業の名誉のために言いますけど、どの録音データ見ても、どの議事録を見ても、キアラも藤原工業も「ゴミがある」と言い張ることに最後まで抵抗していますよ。
立花:っちゅうことは「誰なんですか?」っちゅうことになるんでしょ?
菅野:「誰なんですか?」って、それなのにもかかわらず、あなたはキアラが同和出身だということに基づいてキアラは同和利権だって言っているんでしょ?
立花:だって、そうやって炙り出していった方が早いじゃないですか。
菅野:何が早くなるんですか?
立花:事件の解決が早いじゃないですか。そうやって、俺が「おかしいじゃないか!」って、立花が出してくれた方が早いじゃないですか。
菅野:議事録見たら、しまいやないですか。なぜそこのゴミの値段が下がったかってわかっているじゃないですか。
立花:理由がわかってる?
菅野:なぜゴミの値段が下がったかって理由がわかってるじゃないですか。ごめんごめん、土地の値段がなぜ下がったかっていうのは理由がわかっているじゃないですか。
立花:2回目のゴミが出たっちゅうことで。
菅野:それが誰が発案したのかっていうのもわかっているじゃないですか。
立花:いやいや、ごめんなさい。僕、それがわかっていないです。
菅野:わかっていないですよね、それはあなたがお調べになっていないからですよね。
立花:それ、ごめんなさい。公に出ているものですか?
菅野:もう国会でも議論されていますよ。
立花:あー、じゃあ僕が調べてないだけですね。そういうことになると。でも、国会で議論されているだけで、結論には至ってないでしょ?
菅野:結論に至ってないからって、なんでそこに同和利権を持ち出す必要があるんですか?
立花:いや、僕、そこまで分からないからですよ。だって結論に至ってないでしょ。
菅野:分からないんだったら犬のクソでも投げてええって話じゃないですか、それって。
立花:そうそうそう、その通りですよ!
菅野:それはちょっとおかしいでしょう・・・。

この会話データが残っている以上、立花孝志さんは自らの発言を否定できません。この会話の内容をご覧いただいても分かる通り、立花孝志さんは「どうせ差別なんて無くならない」という思想のもと、疑惑があるのなら、それがたとえ事実無根であっても犬のクソを投げてもいいとおっしゃっているのです。そして、さっきから立花孝志さんが言っていることは「根拠も何もないけれど、この森友事件は同和の人間の仕業であり、安倍昭恵さんとの会話の中でもそう認識している」ということになります。もはや立花孝志さんの人間性が犬のクソにも劣ることはよくわかりましたが、そこには安倍昭恵夫人も含まれているのです。あまりに立花孝志さんがアホすぎて勝手に巻き込んでいるだけなのかもしれませんが、安倍昭恵夫人が「そんなことはない」と断固として否定しているわけではないのであろうと推測できます。なにしろ、立花孝志さんが言いたいことは終始一貫して「安倍昭恵さんは悪くない」なので。犬のクソ以下の人間性で一生懸命「安倍昭恵さんは悪くない」と言おうとして、安倍昭恵さんまで犬のクソ以下の人間に見えてくる「立花システム」です。安倍昭恵さんは立花孝志さんと今でもコンタクトを取っている間柄なのですから、安倍昭恵さんの方から「やめてくれ」とお願いした方がいいのではないでしょうか。なお、こんな会話データが公開されてしまったら、間違いなく葛飾区議の懲戒請求が出され、立花孝志さんの首が飛ぶと思いますが、これまた驚くべきことに、菅野完さんサイドが鬼の心で公開したのではなく、立花孝志さんが自分の手でアップしているということは記録として残しておきたいと思います。もうアホのレベルとしては満塁ホームラン級です。一気に4点入りました。


■ 「菅野完さんの悪口を言います」という動画

もう十分にビックリさせられていますが、驚くことに立花孝志さんは、菅野完さんとの電話の後、「菅野完さんの悪口を言います」という動画をYoutubeにアップしました。もちろん、この動画でもさまざまな持論を展開しているのですが、もはや見る価値は1ミリもありません。はっきり言って時間の無駄です。おそらく、一生見る価値がないレベルで無駄です。なので、ざっくりとどんな話をしていたのか、要点をまとめましょう。まず、いろいろと不確かな情報を出していることについて、正確な情報を出そうとする菅野完さんが「週刊文春」だとすると、立花孝志さんは「東スポ」なのだから「東スポ」にも需要がある以上、方向性としては間違えていないと主張しています。しかも、人が死んでいるのだから、慎重に真実を一つずつ紐解いていくのではなく、まずは間違った嘘の情報でもいいからどんどん流していき、みんなで事件に興味を持って、みんなで真相を追究した方が解決が早いと言っています。しかし、この認識はとてつもなく明後日の方向で間違えています。間違った嘘の情報を流してしまうと、どれが本当なのかがますます分からなくなってしまい、情報を精査するのに今まで以上に時間がかかるようになるので、解決は早くなるどころか遅くなります。実際、1年間も国会が空転してしまったのは改竄された文書を前提に話をしてしまったからです。もし改竄されなければ、今頃、まるっと解決していたかもしれません。だから、たとえ間違った情報でも出した方が良いという立花孝志さんの主張は、お座敷でサンドイッチをつまみながら酒を飲めるレベルの満開のお花畑です。彼女が作ってくれた「たこさんウィンナー」が美味しくて仕方ありません。そして、この動画では「菅野完さんが情報を出すのが遅いから、国会で話し合わなければならないことがたくさんあって、たくさん税金が使われているのに、森友問題で国会が1年間も空転してまった」という話をしています。本来は、菅野完さんが寝ながら鼻クソをほじくってゲームをしていても、しっかりと国会で議論が交わされ、速やかに改竄されていない文書が公開され、数日のうちに解決されるのが近代国家というものだと思いますが、残念ながら、今の日本という国は近代国家ではなくなってしまったので、朝日新聞が指摘しなければ永久に改竄されていることに気づかないまま、この問題は永久に闇に葬られるところだったのです。しかも、立花孝志さんが安倍昭恵夫人とつながっているというのであれば、根拠もなく「同和の仕業だ」などと狂いも狂った話をするのではなく、地方議員の一人として、証人喚問を拒否している安倍昭恵さんに立花孝志さんが話を聞くべきなのです。「菅野完さんが情報を独占しすぎている」などと寝言を言っている暇があったら、それこそ立花孝志さんがYoutubeで対談したらよろしいのです。史上最高のアクセス数が稼げるばかりか、スクープを独占できるチャンスではないでしょうか。しょせん、何のエビデンスもなく犯人をでっち上げてしまうホームラン級のバカなので、安倍昭恵夫人もそれを見越してメッセージを送っているのだと思いますが、こうやって菅野完さんの悪口を言おうと決めたのは、安倍昭恵夫人と何らかのメッセージをやりとりをした末の話なのでしょうか。


■ 今、改めて有権者に問われる「NHKから国民を守る党」

改めまして、僕は「選挙ウォッチャー」です。日本全国のいろいろな選挙を自分の目で確かめて歩き、有権者がどのような判断を下したのかをレポートにまとめています。なので、僕は菅野完さんを擁護するために、このレポートを書いたのではありません。4月15日の春日部市議選に酒谷和秀さん、練馬区議補選に松田わたるさん、西宮市議補選に河本圭司さん。5月27日の野田市議選に、さじき知樹さん。6月17日の立川市議選に横山緑さんが立候補する予定となっています。町田市議選「NHKから国民を守る党」というだけで当選できることが分かり、急速な勢力拡大を狙っている「NHKから国民を守る党」ですが、その代表である立花孝志さんは、議員としての資質に深刻な問題のある人物であることが分かっています。確かに、NHKを解体するべきだと思っている人はいるでしょうが、それでも「NHKから国民を守る党」に投票するだけの価値があるのかどうか。これを有権者の皆さんが判断するべきなのだと思います。


■ 選挙ウォッチャーの分析&まとめ

このレポートで、僕のことを初めて知った方もたくさんいらっしゃると思います。僕は自民党支持者でも、立憲民主党支持者でも、共産党支持者でもありません。なるべく中立的な立場で、その候補者が「市民や国民の方を向いて仕事をしようとしているか」だけを見るようにしています。最初は軽い気持ちで始めた活動でしたが、あまりに地方議会の闇が深すぎて、毎週のように気絶しかけています。このたびの騒動も、昨年11月の葛飾区議選で立花孝志さんが議員になっていなければ、テキサスで暮らしているネトウヨのオジサンがネットで何かをホザいているのと何も変わらないので、一生触れ合うこともなかったでしょう。しかし、立花孝志さんは議員をしており、このような思想のもとで街が作られているのです。差別を差別と思わず、出身だけで根拠もなく犯人として仕立て上げることに何の罪悪感も持っていない犬のクソ以下の人間性のオジサンが、皆さんの街の福祉やサービスに対して、あれやこれや言っているのです。それも同じ会派のヘイト議員と一緒にです。選挙に行かない人が過半数を占める中、選挙に行っている人でさえ、あんまりよくわからずに投票している。この結果が、差別を何とも思わないように、公文書の改竄を何とも思わない、いよいよトランプ大統領さえも「カルトだな、オマエ!」と発言するようになってきた日本という国を作り上げているのです。僕がレポートを書いたぐらいでは何も変わらないかもしれませんが、僕はこうして人々がどのような選択をしたのか、たとえ現代の日本人が猛烈にアホだったとしても、未来の日本人のために残していきたい。そして、カンパに頼らず、自分の力で日本中の選挙を見てまいりたいと思っております。ありがたいことに、ご支援を申し出てくださる方もいるのですが、できれば僕がこれまでに書いている選挙レポートを一度読んでいただけると幸いでございます。
そして、スピリチュアルに熱心だと噂される安倍昭恵夫人と関わった人たちが、ことごとくみんな不幸になっている気がするので、くれぐれも僕には話しかけないでもらいたいなと思っている今日この頃です。祈ります。[了]

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

鬼のようにレポートを量産していく計画なのですが、サポートしていただいたら、スタバのヒーコーをシバきながら原稿を書けるようになります。モチベーション高まります。いつもありがとうございます。

NHKから国民を守る党に投票してはいけません。
105

チダイズム

選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。

NHKから国民を守る党に投票してはいけません

選挙ウォッチャーちだいさんによる、NHKから国民を守る党に関するレポート(マガジン除く)を時系列順に集めました。 無料レポートも多く、有料レポートでも無料部分だけでも読み応えアリ! なお、先頭レポートは、最新レポートです! 随時更新中。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。