一木けい(2018)『1ミリの後悔もない、はずがない』新潮社

いくら大人になっても、現実と折り合いをつけられるようになっても、いつまでもきっと、若き日に自らの白いキャンバスに刻み込まれたようなペンの筆跡は消えることがない。あの頃の経験は、いつまでも私を虜にする。

貧しい家庭、過酷な環境、出会った男、恩人、むき出しの敵意、右も左もわからないでただ目の前にあるそれらを見ていた。そうやって私、育ってきたんだ。過去のすべてが、今の私を規定している。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

clryk

書評

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。