見出し画像

まえがき:繊維やファッション業界に入りたい新人さんへ

素材作りから小売まで

私が遥か昔、紡績会社に入社した当時はまだ日本でモノつくりがしっかり行われていました。紡績工場も縫製工場も結構ありました。

なのでファッションを志して業界に入ったデザイナーも、頻繁に織物工場や縫製工場に行けました。そこで、実際のモノつくりに触れスキルを上げていくことが出来ました。

それぞれの分野(糸、織り、編み、染色加工、縫製)で色々教えてくれる人も、結構たくさんいたものです。

とはいえ、私が紡績工場でエンジニアとして働いていた時でさえ、もう10年もしたら紡績工場は日本からなくなっていくんだろうな〜と漠然と思い出していました。

それで、私は会社に掛け合ってファッションデザインやパターン、縫製技術を知りたいと会社に掛け合い文化服装学院に会社の費用で行かせてもらったのです。

こんなことが可能だったのは、まだ繊維に投資する余裕が会社にあったからです。おかげで私は、それこそ綿花から洋服作りまで知ることができました。

さらに、その後の仕事で今でいう社内ベンチャーのような組織の自社製品の通販事業部で、これも今でいうディレクターの仕事をしました。

この通販事業部では、素材開発(ここがキモ)、デザイン全般、カタログのコピーライティング原案、撮影、モデルの選定、クレーム処理までやりました。

つまり洋服作り以降の小売のお仕事も一通りやったのです。途中今のIFFの創立時のリテールコースの生徒として、太田伸之さんや伊勢丹やバーニーズNYの重役の薫陶も受けることも出来ました。

時代が変わった今、どうやって勉強するか

もう弱ってしまった日本の繊維業界で私のようなこんな経験をつくことはかなり難しいです。私はラッキーでした。なので私は繊維業界の絶滅危惧種なんて自称しています。

今日の日本では服の商品企画の人は、海外生産を請け負う生産商社にかなりのところ企画を丸投げしてしまします。海外の工場と直接渡り合には知識が圧倒的にたりないから仕方がない。

ではどうやって繊維産業全体についての知識や経験を積み上げていくのか? ある程度は座学で。並行して取引先の商社等の担当者にいろいろ質問して教えてもらう。

次に出来るだけ工程に沿って工場に出向きモノつくりを体感する。これしかないかと思います。

それをしないと、日本のモノつくりは滅んでしまいます。海外に工場がでていくのは仕方ないけど、モノつくりのわかった企画者が日本で育たないといけないのです。

上述の座学の部分を、このマガジンでまとめた「商品企画に役立つ繊維基礎講座」が役に立てば嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4

大窪裕美

素材から開発した「こころばせ」というブランドの商品をクラウドファンディングやECサイトで販売しているます。また並行して現在3社の企業さんの顧問のお仕事をしていて、商品開発やプロモーション、社員に繊維全般についての教育を行なっています。http://cocorobase.net

商品企画に役立つ繊維基礎講座

国内の繊維産業の衰退は著しく、多くの繊維製品を扱う会社が海外生産を請け負う商社に素材選定から企画まで丸投げしています。結果、以前のようにモノ作りの現場を知っている商品企画や生産管理者減ってしまっています。  海外でモノ作りが進むのは仕方ないけれど、繊維に関する知識や生産につ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。