書けなくなった

わからなくなった。

何がしたいとか、何がほしいとか、あまり、考えないほうだった。
こだわりがないわけじゃない。
けれど、こだわるよりも暮らしていくことが優先されて、長い時間を経た結果、捨てたつもりはないが、こだわりが削げていったように思う。

そして、気づくと、かろうじて暮らしているようである。

計画性が乏しいから、なのか?
それを考えると、計画性がないからこそ楽しいと思えるものがある。

かつて、プロットもなにもなくて、ただ思いついたままに文章が起こせたことが懐かしく思う。

良い文章だったかは、まったく別だが。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

市井一人

日々雑感

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。