タクヤコロク(ナンバーナイン編集長)

1985年兵庫の宝塚生まれ。関西学院大学→求人広告制作→Webメディア編集→schooディレクターを経て、 「世界中の人々を漫画で豊かにする」をMissionに掲げるナンバーナインに参画。※アイコンは昔青野春秋先生に描いていただきました

僕が最も嫌いで意味のない感情。

※このnoteは今日起こったネガティブな出来事に対するストレスのはけ口になってしまったため、途中より有料にしています

クソみたいな時間だった。

何が?

本当なら完璧だった。その店の雰囲気も、店長も、一緒に飲んでいる人も、目の前に置かれたたこ焼きも。なにもも。

ただ一つ、そこにいた客を除いては。

もっとみる
ありがとうございます!ところで『パンダ探偵社』って漫画はもう読んだ?
2

令和時代の漫画家たちはどう生きるか -原稿料、印税に次ぐ第三の収益源は何か-

最近は、「令和時代の漫画家たちはどう生きるか」というテーマで漫画家さんのこれからの生き方について考える機会が増えた。

僕が取締役をやっているナンバーナインという会社でも電子書籍配信代行サービスや漫画家限定確定申告代行サービスなど、「漫画をつくる」以外の領域において漫画家たちの強力な武器になるような事業を展開していることから、自然と漫画家の立場に立って物事を考えることが癖になっているのだと思う。

もっとみる
ありがとうございます!お会いする機会あったらおすすめ漫画差し上げます。
36

5/27 親失格とか簡単に言うな

※本日記は、父親になりたてほやほやの34歳男性の、突然環境がガラリと変わった中で感じるストレスや違和感を余すところなく吐露するごくごく私的な内容のものです
※誰が読んでもためにならない、自由な雑記のため有料設定にしています
※それでも読みたい・読んだという危篤な方がいたら、ここに記されている内容は全てフィクションだと思ってお楽しみください

第二話も不穏なタイトルですが、お楽しみください。気が向い

もっとみる
ありがとうございます!ところで『パンダ探偵社』って漫画はもう読んだ?
5

5/21 もう辛い

※本日記は、父親になりたてほやほやの34歳男性の、突然環境がガラリと変わった中で感じるストレスや違和感を余すところなく吐露するごくごく私的な内容のものです
※誰が読んでもためにならない、自由な雑記のため有料設定にしています
※それでも読みたい・読んだという既得な方がいたら、ここに記されている内容は全てフィクションだと思ってお楽しみください

それでは第一話「もう辛い」をお楽しみください。気が向いた

もっとみる
嬉しいです…!『ギャルと恐竜』っていう漫画が面白い話します?
4

令和時代の漫画家たちはどう生きるか

5月7日、漫画家のおおひなたごう先生よりご依頼を受けて、京都精華大学の新世代マンガコース3年生に向けて「デジタル時代の漫画家たちはどう生きるか」というテーマの授業を行ってきた。

大学で学んだことはほとんどきっちり大学に青春と共に置いてきた側の人間だったので、そんな僕が大学の教壇に立つなんて世も末…と言いながらも、心中穏やかでなく、とても興奮していた。話したいことならいっぱいある。

東村アキコ先

もっとみる
ありがとうございます!お会いする機会あったらおすすめ漫画差し上げます。
63