フェミニズム不毛の地で……マツコが代弁してみせるニッポン女性の“怒り”とは?

――八面六臂の活躍を見せるマツコ・デラックス。“彼女”は女性からの支持が厚いという。それは、彼女が常に怒りを表明しているからではないか? それは何に対しての怒りか? 「男社会」に対してである──。気鋭の女性学者が、いまだ日本を支配する女性抑圧構造をキーに、マツコ人気を読み解く!

 日本社会、特に日本のメディアと政治的言説の場はフェミニズム不毛の地だ。どれほど炎上しても繰り返し生産され続ける女性蔑視的なバラエティ番組やCM、「女性に配慮してますから」といった体で差し出されるドラマの多くも、中年男性の脳内で想像される限りでの女性の欲望に沿っているにすぎない(ので、視聴率も取れない)。そんな日本のメディアを、「男脳」で作られているからだと、マツコ・デラックスはしばしば揶揄する。

この続きをみるには

この続き:3,113文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

フェミニズム不毛の地で……マツコが代弁してみせるニッポン女性の“怒り”とは?

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。