【二村ヒトシ×『男子の貞操』坂爪真吾】 なぜ男は女のエロ語りに怯えるのか?

――加速する、女性が自分たちの性愛観を語る風潮を、男の側はどう受け止めているのだろうか? 本誌では小規模ながら今回、意識調査アンケートを実施。その結果を片手に、"セックスと恋愛を語る"AV監督・二村ヒトシ氏と、男性のための新しいセックス論『男子の貞操』(筑摩書房)も話題のNPO代表・坂爪真吾氏に、"男の性"意識との関わりを語ってもらった。
(こちらのアンケートとあわせてお読みください)

──エロを扱う女性メディアの増加を、お2人はどのように感じていらっしゃいますか?

二村:確かにここ数年は、女性向けのウェブメディアが明らかに増えている。例えば「AM」なんかは、パッと見はオシャレなサイトなんだけど、中身は「セフレ特集」とかやってるわけで……初めて見たときは、わりと衝撃を受けました。

この続きをみるには

この続き:5,552文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【二村ヒトシ×『男子の貞操』坂爪真吾】 なぜ男は女のエロ語りに怯えるのか?

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

女のエロ産業とメディア【2014年8月号第2特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。