名称未設定アートワーク

半年間の育休、それは

半年間、仕事を休める。なんだか夢のようだ。

あれもしたい、これもしたい。
ここへ行けるし、あそこでも遊べる。

もう、なんでもできる気がする。半年なんにも予定がないなんて、いつぶりのことだろう?

育休という言葉のマヤカシ

かなり浮かれながら半年間の育休に突入したことを、わたしは告白する。

今年の6月から、半年間の育児休暇をはじめた。前々から子どもが生まれたら育休を取得し、わが子とガッツリ過ごす時間を持ちたいと願っていた。ありがたいことに会社も、快く半年間とることを受け入れてくれた。

育児のためとはいえ、半年間の休みである。いよいよ育休に入ったわたしは冒頭のように心躍らせていた。

子どもと過ごせる自由な日々。
育休。耳にここちよいその響き。

が、しかし。

その実態は、休みなんてとんでもない。
育休ならぬ「育業」であった。それもかなりブラックな。

容赦ないリトルボス

まず第一に、休みがない。

1日は24時間営業。小さなボスはわれわれ夫婦に対して、1〜2時間の細切れ睡眠しか許さない。夜になると決まって渾身の力で叫び、ささやかな眠りすら妨害してくる。その理由なき叱咤に疲れ果て、「もう勘弁してください…」。われわれが泣きを入れるや、

「オガーーーー!!!!!!!」

逆上である。理不尽すぎる。

昼夜かかわらず、ボスは1時間ごとに空腹を示してくる。毎回食事をもっととれば数時間に1回で済むはずだ。勇気を出して忠告してみる。

「1回の食事で、もう少し召し上がっていただけませんか?」

残念ながら彼は部下の進言に耳を貸すことはない。「あの人は話が通じない」と言うが、生後1ヶ月のボスはシンプルに言葉が通じない。ふたたび全身を振り絞って叫び出すのみ。食べたいときに食べ、泣きたいときに泣く。ジャイアンも裸足で逃げ出す豪傑である。

ボスは常に近辺でのお世話を要求し、リモートワークは許さない。ある日、少し目を離したすきに、手が届かないはずのタオルが顔全体にかかっていた。慌ててひっぺがすと「ほら、目を離したらこうなるんだよ。危ないだろ?」と言わんばかりに目を輝かせている。

半年の育休 = 4320時間勤務

夫婦はクタクタになり、慢性的な睡眠不足に悩まされている。判断力は鈍り、ボスの抱っこで体の節々が悲鳴をあげている。

うちの職場だけがこんなにキツいのか? “競合他社”の先輩に話を聞くと、「睡眠不足の世界へようこそ」と嬉しそうに微笑みかけてきた。もはや業界全体がおかしいのだと空恐ろしくなる。

そんなボスはときどき、信じられないようなあどけない笑みを浮かべる。「見た!? 今の?」。たちまち夫婦はその表情に魅せられてこれまでの仕打ちを忘れ、いそいそと彼のお世話係を続けるのだ。部下も部下である。

半年間の育休。

その実態は、24時間×半年(180日)=4320時間勤務であった。それを妻とわたし、2人体制で回していかねばならない。業務内容は、ボスの秘書、そして、ボスの命をなんとしても守ること。

どうやら、とんでもない世界へ足を踏み入れてしまったらしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

218

出来幸介

インバウンドメディア「MATCHA」で編集してます。前職の新潮社では単行本・月刊誌編集。主な仕事に『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』、『つかこうへい正伝 1968-1982』、『一発屋芸人列伝』(山田ルイ53世)など。2019年6月より半年育休取得中。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
6つ のマガジンに含まれています

コメント1件

夫婦二人でってことは奥さんも育休中なのかな?
大抵の奥さんはこれを一人で対応してて、「いつも旦那がいたらきっと楽なのに…(だから男性育休もっと広まって!)」って思っていて、でも旦那がいてもこんなに辛そうなんてなんだか夢がない…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。