#ゆるゆるお父さんキャンプ in ふもとっぱらキャンプ場 〈準備編〉

子育てとーさん(@kosodate10_3)さんの発案で昨年から始まった #ゆるゆるお父さん遠足 ですが、いつかキャンプもしてみたいと長らく考えていた所に、関西でゆるゆるお父さん遠足を開催されているダチ(@dachi100com)さんが富士山の麓のふもとっぱらキャンプ場で企画してくださったので、初めての #ゆるゆるお父さんキャンプ はそちらに乗らせていただくことに。

概要

開催日程 2019年

もっとみる

2歳児子どもの単語の練習

(ときめき☆パパ:トッキー)
わたしには2人の娘がいます。毎日育児をたのしんでいるところです。
特に下の子は超絶パパっこでわたしがいないと「パパ、パパ」と泣いて探します。そばに妻がいてもです。それくらいベッタリです。
自分が特に下の子についてしっかり育児コミットすると決めて1年ちょっとでしょうか。最初はとはいえママっこになるんだろうなと思っていましたが、違いましたね。接する時間の違いもあってこうな
もっとみる

【海】と言えば「親子対抗はだし運動会」

こんにちは!
『書くンジャーズ』土曜担当のNobuです!!
サラリーマンで週末にNPOや子育て支援の活動、読み聞かせとかしてます。

先週インドネシアから戻り、家族との時間を持てるようになりました!
この当たり前の幸せを噛み締めていこうと思っております!

1.書くンジャーズって何?

『書くンジャーズ』とは、
・書くを武器にメシを食うを目指す『書くメシ』に集った、
・それぞれの専門領域に生きてい

もっとみる

NO MUSIC, NO 育児

わが家では、音楽が育児に欠かせない。

ふだんも折に触れて、こどもの成長にいい(感じがする)クラシックやジャズなぞをかけているが、1日2回は、必ず音楽を流しながら行う育児がある。

1つは、沐浴。ベビーバスに入れたむすこの体をわたしが洗い、妻はシャワーで全身を流す。むすこにとってはリラックスするバスタイムだが、親はわりかし汗をかく時間だ。

そんなバスタイムは、音楽を流せばグッと楽しい時間になる。

もっとみる

僕が息子とダンゴムシから教わったこと。

こんにちは。育児をポジティブに捉え直したいと思い立ってはじめた、通勤電車からのnoteの第2回になります。今回は、もうすぐ2歳半になる息子との“会話”の中で、小さなことかもしれないけれど、人生が豊かになったなぁ…という話を書いてみます。

ちなみに、僕がnoteを書き始めたきっかけについてお読みになりたい方は、以下の投稿をご覧いただければと思います。

1. 学校では教わらなかった「複数の視点を持

もっとみる

「はじめて」が、「いつもの」へ

はじめて寝返りをうった日。
はじめてハイハイした日。
はじめて自分の力で立った日。
はじめて「ママ、パパ」と口にした日。

これらは子育てにおいて、定番の「はじめて」である。生後1ヶ月の我がむすこはもちろん、まだどれも経験していない。 わたしはむすこが生まれるまで、この程度のはじめてしか存在を知らなかった。

だが、赤ちゃんにとっては(親にとっても)たくさんの新しいものが日々生まれているのだ。現に

もっとみる

2018年7月15日(日)

現在進行系でイヤイヤ期の娘である。最近の特徴は「すべて私がやる」「すべて私のもの」という主張がとにかく強く、かなり困っている。

例えば、娘が歌をうたって(声量MAX)保育園から帰っている時に、私が一緒にうたおうとすると「父ちゃんは駄目! 私だけがうたうの!」と激怒したり、私が道端に野良猫を見つけたので「あそこに猫いるよ」と教えてあげても「駄目! 私の猫!」と激怒する。

その他にも、私が「どの道

もっとみる

2018年7月13日(金)

我が家では夫婦の間に負担の偏りが出ないよう、お互いができる限り協力し合って育児に携わってきた。

でも逆に、そうした二人三脚の育児に慣れてしまったせいで、どちらか一方が不在の時は、すぐにテンヤワンヤになってしまう(特に俺が)という弊害が出てきている。

例えば、昨晩のような、私と娘の二人きりの夜などは、いくら事前に準備していても、結構大変なもので、保育園から帰ってきてから(18時)寝るまで(21時

もっとみる

2018年7月12日(木)

今日は久しぶりに娘と二人きりの夜である。

予てから、娘に食べさせようと思っていたミートボールスパゲティを昨晩のうちに仕込んでおいたので、夕飯の準備は万端である。

挽肉が好きで麺が好きでトマトソースが好きな娘にとって、その全てを併せ持つミートボールスパゲティは、狂喜乱舞もののスペシャルなメニューとなる筈なのである。

ちなみに、ミートボールスパゲティは「カリオストロの城」のものを再現した。決して

もっとみる

子どもが物を壊したら?~「結果から学ぶ」子育て☆

こんにちは!いつも応援ありがとうございます。感謝しております。じゃすふぁ・鈴です。

例えば、子どもがやんちゃをして、家の壁に穴をあけてしまった!

な~んてことがありましたら、親のあなたはどのように反応しますか?

「ちょっと、何してくれるのよー!」と怒りますか?

修理代、いったい、いくらかかるんだろう。。と悲しみますか?

まぁ、大切なものを破壊された心の痛みは分かります。

ただ・・・

もっとみる