からだの声を聴け。

一昨日、こんなことを書いたからか何なのか、それまですこぶる元気だったのに体調不良に悩まされていました。
なんだ?言霊か?
頭痛がひどくて気分まで悪くなる始末。noteを書きたい!という気持ちだけはあるけれどからだが付いていかない。
ぐっすり寝て起きたらだいぶ良くなりました。

…ということを詳細に書いていては暗くなるばかりなので、せっかくだからその時考えたことを。

からだが出すサインのようなもの。
「ちょっと疲れているから休もうよ~」
「今、甘いものがすごく食べたいよ!」
こういうお知らせみたいなものには、素直に従った方が良いと思います。

小さい頃教わったのは“3食しっかり食べて、7時間以上寝る、毎日体を動かす、規則正しい生活”の大切さ。
しかし、何かといそがしく、毎日同じリズムで暮らすということがなかなか難しいという人も多いのではないでしょうか。
それに、人それぞれ体質も異なるし人によって「食事は2食がちょうど良い」とか「睡眠時間は5時間がちょうど良い」とかあると思います。
その時々で、ごはん食べたくないときだってあるだろうし、日課のランニングがふときつい日とかあると思います。
万人に共通する健康法なんて無いのではないかと。
不規則になってしまいがちな生活の中で、その時の自分のからだが言っていることによーく耳を傾けて従っていると、大事に至るまでにならないのではないかと思うわけです。

からだのために、自分自身に聞きながら、自分に出来ることから、自分に合ったやり方で、はじめる。
私なりに最近気づいた健康の極意です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

すごく、嬉しいです!励まされます!
4

あや

people

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。